profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
White supremacy と ユダヤと Muslim

2017年2月22日、America中西部Missouri州St. Louis郊外のユダヤ人墓地で100基以上の墓石が何者かに倒されたり破壊されたりした。
 
これに対してIslam教徒達がユダヤ墓地の再建を応援しようと資金集めを呼びかけ、墓地の修繕費用の寄附のSiteを立ち上げたところ、僅か3時間で13万1,000 Dollarの寄付がMuslimから寄せられ、さらに増え続けている。
 
寄付をしている人は主にIslam教徒。
 
Islam教徒の間でユダヤ教徒との連携を訴える動き、Islam教市民団体、America-Islam関係評議会、CAIRはユダヤ教施設を脅迫した犯人の逮捕に繋がる情報の提供者に5,000 Dollarの報奨金を出すと表明している。
 
2017年2月27日には今度はPhiladelphiaのユダヤ人墓地が襲われて墓石が100基ほど全部倒された。PhiladelphiaのMount Carmel Cemeteryの出来事である。
 
1ヶ月前にTexasのMosque (Islamの礼拝堂)が焼けた。火事になった。不審火。その時に真っ先に救済資金を出したのはTexasに住むユダヤ人です。
​Muslim​達はCatholicの礼拝堂でお祈りをすることが出来ないので、ユダヤのSynagogueで焼けたMosqueのIslamの人達はお祈りを捧げているんです。
 
現代America でもIslamとユダヤは草の根ではもの凄く仲が良い。
 

| - | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
艱難辛苦、汝を玉にする

私が推薦文を書いたDan Senor/Saul Singer著New York Times Best seller「アップル、グーグル、マイクロソフトはなぜ、イスラエル企業を欲しがるのか?」(http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%83%E3%
83%97%E3%83%AB%E3%80%81%E3%82%B0%E3%83%BC
%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%80%81%E3%83%9E%E3%
82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%BD%E3%83%95
%E3%83%88%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%
80%81%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A8
%E3%83%AB%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%82%92%E6%
AC%B2%E3%81%97%E3%81%8C%E3%82%8B%E3%81%AE
%E3%81%8B-%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%
82%BB%E3%
83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/4478017549
)の翻訳(原題:The Story of Israel's Economic Miracle)が日本でダイヤモンド社から出版され​ている。
今AmericaのSilicon ValleyのApple、Google、Microsoft、そしてIntelは全てその企画、設計、開発拠点をIsraelに置いている。

Israel軍兵士の若者が弾丸と手りゅう弾が飛び交う中、砂埃を浴びながら軍用PCでHarvard Business School、Harvard John F Kennedy School、Harvard Law SchoolなどにApplication Formと願書に提出するEssayを書いている。
 
日本には昔から「艱難辛苦、汝を玉にする」(これを正しく「かんなんしんく」と読める日本の若者は少ないだろう)という言葉があるが、まさにそうだ。​
「玉」のあるところにSilicon Valleyの強力企業が開発拠点を置くのは当たり前だ。
AmericaのBusiness School受験のGMAT、Graduate Management Admission Testを戦場で受けている兵士の数は15,259人(全世界Base)にのぼる。その中にこういったIsraelの若者、Afghanistanで、Iraqで戦っている若いAmerica軍や韓国軍兵士がいるのである。

| - | 03:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
石角完爾が読み説く“おもろい”Hebrew Bible (Deuteronomy 第33章第24節。)

MosesはAsherに向かってこう言った。
「他のどの兄弟達よりもAsher に祝福がある。他のどの兄弟達もAsher を尊敬することになるだろう。そしてAsherはOlive Oilに足を浸さなければならない。」
 
さて、読者の皆さんに考えてもらいたいのは、このOlive Oilに足を浸すということは何を意味するのかということである。
 
ユダヤ教ではOlive Oilというのは祝福の際に頭や額に付ける神聖なものである。にも拘わらず、ここでOlive Oilを足に付けるのが異常なことであるのみならず、それどころかOlive Oilの桶に足を浸さなければならない、とMosesは言ったのである。
 
このHebrew語訳には色々な英語訳が付いているが、「Let him bathe his feet in oil」とか「Let him dip his foot in oil」とか「Dip his foot in olive oil 」とか、あるいは「Wash their feet in olive oil」などの訳が与えられている。いずれにしても、足のつま先に少しOlive Oilを垂らすというような生やさしいものではない。たっぷりとOlive Oilの桶に足を浸けるという訳が正しい。
 
この異常な表現、Olive Oilの桶に足を浸けるということは一体何を意味するのか? Hebrew学者はこれを巡って色々な議論をしてきている。
 
これは実はユダヤ教の教えの真髄であり、ユダヤ人の極めて重大な生活指針、ユダヤ教のFundamentalを教えることなのであるが、私の読者のBlogにこの表現の教えるユダヤ教のFundamentalとは何かを是非考えてどしどしと投稿してもらいたい。
 
なお、この答えについては私のアップル・アプリ「ユダヤ金言集」に書いておく。

| - | 22:17 | comments(1) | trackbacks(0) |
Islam 装飾のSynagogue

世界一美しいと言われるMoroccoのSadoun Synagogueを紹介しよう。正式名称はSadoun Synagogue, Fes Morocco。
 
このSynagogueはAfricaのSynagogueとしては最も古く最も重要なSynagogueの一つである。
 
建設されたのは1600年代の半ばで、Moroccoに住むユダヤ人によって資金を集められ建築された。そしてその後何度か改修が為され、Morocco政府により重要な史跡建造物としての認定を受け、Morocco政府の資金を受けて改修が継続されている。
 
Moroccoは言うまでもなくIslam教徒の国であり、その影響を受けてこのユダヤ教のSynagogueの中の壁面装飾もIslamの抽象文様を彷彿とさせる飾り付けとなっている。
 
言うまでもなく一神教はIslamもユダヤ教も偶像崇拝を禁止する為、一切の彫像、銅像、神像、仏像はSynagogueの中にも、そしてどこにも置かれることはない。

黒い祭壇の中にTorah Scrollが置かれている。Moses 五書の巻物である。
 
写真に見られる木製のBench、長椅子、及びその横にあるElijah’s ChairはCircumcisionの時の儀式に使われる。男の子の生後8日目の割礼の儀式に使われるChairである。

 

 

 

なお、Moroccoに於けるユダヤ教徒については私のBlog 2013年8月6日2013年9月23日2013年5月102013年2月9日2013年2月7日2011年1月13日 を参照されたい。

 

| - | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible

今週のParashatはユダヤ暦5777年Tevetの月2日目のShabbat。Christian暦で言うところの2016年12月31日。
 
今週のParashatはMikketzである。有名なJosephがPharaohの不思議な夢の謎解きをするParashatである。
 
Egyptの王Pharaohはある日不思議な夢を見た。Nileのほとりに太った7匹の牛が現れて草を食んでいたが、突如として痩せたおどろおどろしい牛が現れて来てその7匹の牛を食ってしまった。Pharaohは自分がNileのほとりに佇んでいる自分を夢で見たのである。
 
この不思議な夢をめぐってPharaohは夢解きをしてくれる者はいないかとEgypt中を探しまわった。そして牢屋に繋がれているJosephというユダヤ人の奴隷の噂を聞き付けたPharaohがJosephというユダヤ人の奴隷は夢を分析するのになかなか長けているという噂を聞いたからである。
 
Pharaohの前に連れ出されたJosephはその夢を見事に解説し、その場でEgyptの財務大臣に取り立てられたのである。
 
そこで日本の読者に質問だが、Josephのこの夢の謎解きはいわば誰でも思い付く解説であった。
 
7年の大豊作が続いた後に7年の大飢饉が訪れるという夢だということは誰でも考えつく夢の謎解きであった。
 
なのにJosephがどうしてPharaohの即座の評価を得て、そして財務大臣にまで取り立てられたのか、Josephのどこが他の夢の解説者と違ったのか。それを私のBlogの読者にどしどしと答えてもらいたい。
 
またHebrew学者のこの質問に対する答えは私のアップル・アプリ「ユダヤ金言集」に書くこととしよう。

| - | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
アップル・アプリ公開のお知らせ

さて私、石角完爾はこの度アップル 社の審査を経て、アップル・アプリとして石角完爾の「ユダヤ金言集」をiTune Storeに公開致しました。
 
皆様のiPhoneからiTuneに入り、石角完爾の「ユダヤ金言集」にアクセスして下さい。
 
iPhoneないしiPadをお持ちの方は、iTunes App Storeで「ユダヤ金言集」で検索し、石角完爾のユダヤ金言集、のアプリをダウンロードして下さい【無料】。 ダウンロードは無料ですが、但し、金言集の内容を見るには購読料がかかります。
 
以下は本日現在のその掲載タイトルです。ユダヤの実生活に結び付く、知恵、哲学、教えを日本人のお役に立つように組み立てています。
タイトルは今後もどしどし追加します。石角完爾のユダヤ・ブログ(http://www.kanjiishizumi.com/)と合わせてお楽しみ下さい。
 
 
・ 汝 復讐するなかれ
・ ユダヤ教では何故神が宇宙を創造したか、「Why」については一番明確な答えを持っている。
・ Hebrew Bibleに見る後継者の選び方
・ 微笑み返さないことは泥棒と同じこと
・ Innovationを生むには休むことの方が重要なのは何故か。
・ 「誓いを立てる」ことは「自分で自分の首を絞める」こと?
・ 長期的思考を身につけるには
・ ユダヤ人は何故自分と他人を比較することをしないのか?
・ 忠義と正義は違うのか? 
  純粋であれば​許されるのか? 
  神は何故Aaronの息子を二人とも殺されたのか? 
  神は​二人の違反行為について残酷なほど厳しいのは何故か?
・ 人生を根本的に変えるには何が必要か。
・ ユダヤ人の知的生産性はどこから来るのか。
・ 何故神はNoachだけを助けられたのか?
・ Big bangで宇宙が出来てから135億年経つ。じゃあ、Big bangの前は何があったのか。
・ Reubenは何故失踪したのか? 宗教を極めることは肉親愛より優先するか?

| - | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
今週のParashatはParashat Vayeshev。

今週のParashatはParashat Vayeshev。


今週はユダヤ暦5777年Kislevの月24日目のShabbat。Christian暦で言うと2016年12月24日。

今週のParashatはTorahの中でも最も知られたParashatでJacobの最も最愛の息子Josephの物語である。

Josephに対する兄弟達の嫉妬がついに頂点に達し、兄弟達が一番末の弟のJosephを殺してしまおうという暗殺計画が持ち上がった。(Bereishis 第37章第5節から11節)

そしていよいよ暗殺計画が着手の段階に入って、長男のReubenが良心が咎めたのか、この暗殺計画を阻止すべく、そして他の兄弟達も受け入れることが出来る可能な案としてJoseph を地面に掘った穴に落としてしまう、そうすれば動物にでも食われてしまうだろう、という案を提案した。他の兄弟達もそれに納得した。

Reubenの良心は嫉妬に狂って暗殺計画を進める他の兄弟達が気付かない形でJosephを助ける。つまり穴に落とされたところでしばらく間を置き、Josephをこっそりと穴から助け出して、兄弟達の怒りが収まった頃合いを見計らって連れ戻すというものであった。

ところがそのReubenの計画に従ってJosephを穴に落とし込んだ後、Reuben自身が急に兄弟達の前から姿を消したのである。

穴に落とし込むという代替案を提案したReubenが何故ここで姿を消してしまったのか?

どうしてReubenは穴に落としたJosephをこっそりと助け出すことをしなかったのか?

姿を隠してしまってReubenは何をしていたのか?

この一番重要な時に自分が考えたこっそりと後でJosephを救済するというその責務を果たさなかったReubenの心の中にどういう変化が生じてこのようなReuben失踪という事態に至ったのか?

元々は穴に落としてその後こっそりと助け出すということを言い出したのはReuben自身であるのに、そしてそれも良心に基づいてその殺してしまうという計画からJoseph救済の代替案を思いついたReubenが何故途中で疾走してしまったのか?

私のBlogの読者はよく考えて自分なりの回答を投稿してもらいたい。


そして時が経ってReubenが戻って来た時にはその穴にはもはやJosephの姿も形もなかった。Josephは地元の悪どもに穴から連れ出されて奴隷としてEgyptに売られて行ったのであった。


Josephのことを心配する父親とReubenとの間にかくして確執が生まれることとなったのである。

| - | 20:52 | comments(1) | trackbacks(0) |
TOPPOINTに紹介されました。

さて、私の出版致しました「 ユダヤ式エッセンシャル学習法」(日本能率協会マネジメントセン ター)がTOPPOINTに紹介されましたのでご報告致します。

 

| - | 03:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
Annual Conference of Chabad-Lubavitch Emissaries

さて、私の所属するChabad Lubavitchというユダヤ教の教団Group(世界最大のユダヤ教団)の世界大会が2016年11月27日にNew Yorkで開かれました。その様子をVideoでご覧ください。特に2:45以降をご覧ください。何故私がこの教団に入ったのかが分かります。

 

View this email online.

 

LIVE FROM NEW YORK!

The Gala Banquet of the International Conference of Chabad-Lubavitch Emissaries will air live this evening, November 27, at 6:00pm ET on Jewish.tv. 

The gala banquet culminates a five-day annual conference attended by more than 5,000 Chabad-Lubavitch emissaries, lay leaders and supporters in New York. Read more about this year's conference here.

Log on to www.Jewish.tv to watch this extraordinary webcast.

 

GALA BANQUET PROGRAM:

CHAIRMAN
RABBI MOSHE Y. KOTLARSKY 
BROOKLYN, NEW YORK 

DVAR TORAH
RABBI MENACHEM MENDEL ALPEROWLTZ

TEHILIM
RABBI AVRAHAM KORF
MIAMI BEACH, FLORIDA 

RABBI MENACHEM VOLPO
NETANYA, ERETZ YISRAEL 

NIGGUN 

KEYNOTE ADDRESS
MR. MALCOLM HOENLEIN
NEW YORK, NEW YORK 


VIDEO PRESENTATION 

ADDRESSING THE THEME:
RABBI DOVID YITZCHOK HAZDAN
JOHANNESBURG, SOUTH AFRICA 

INTERNATIONAL ROLL CALL 

BIRCHAS HAMAZON

Times are approximate and subject to change.

 

 

This email was sent to: ixix@me.com. If your e-mail address is changing please send us your new email address here. You received this email because you have indicated that you would like to receive periodic communications from us. Click here to be removed.

 

Chabad.org  |  Contact Us  |  Ask the Rabbi  |  Donate
 

| - | 01:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
Parashat Noach

今週のParashatはParasha Noachである。今週というのは西暦で言うと2016年11月5日、Jewish歴では5777年のCheshvan月の4日目である。
 
今週のParashatはParasha Noachである。有名なNoachの方舟の話だ、それとBabelの塔の話も出てくる。このNoachの方舟、Babelの塔の話は日本でもよく知られている。
 
大洪水が起こるのである。どれぐらいの大洪水かと言うと、Noach自身もまさかと思っていたのだが、最初の7日間は大した雨ではなかった。土砂降りというほどでもなく、とにかく普通の雨が降った。
 
そして次の40日間、これは正に桶をひっくり返したような土砂降りが続いたのだ。
 
そしてMt. Evberestの頂上が埋まってしまうぐらいの大洪水が襲ってきたのだ。生き物という生き物は完全に死んでしまった。Noach自身もすぐに水が引くだろうと思っていたが、何と水が引くどころかその状態が150日も続いたのである。
 
やっと10ヶ月後になってその時地球で一番高かった、まあMt. Everestかもしれないが、山の頂が水が引き出して水の上に顔を出して来たというのだ。これがHebrew Bibleに書かれている大洪水だ。
 
これより先にNoachは神からお告げがあった。大洪水で全人類を殺すというお告げだ。そしてNoachの家族とKosherでない種類の動物一つがいずつ、そしてKosherの動物は7つがいずつ全てNoachが神の指示通り作った方舟に乗るように、と言われていた。
 
神の指示通りというのは神が「ここはどれぐらいの長さ、あそこはどれぐらいの長さ、ここにはどんな板を」と細かく設計を指示されたのである。
 
そして、いよいよ神が船から出るように仰せになって、Noachとその家族達、そして全ての生き物がNoachの方舟から地上に出てきた。
 
そしてNoachは神の言いつけ通り生き残ったKosherの動物と鳥(これは鶏だが)を1匹ずつ神に生贄に捧げた。神はこれを喜ばれて二度と洪水を起こして人々を殺すことはしないと言われ、その証拠に天空に虹を掲げられたのである。爾来虹とはこの時の神の約束を思い出すものだと言われている。
 
それから時代が遡り、人類はBabyloniaの地で一つの言語をしゃべりそれ故に栄えていた。そして人類は天まで届く大きな高い高い塔を作った。そして神に戦いを挑もうとする計画を立てたのである。
 
これを知った神はこの塔を作った者達と共に塔を全て破壊され、一つの言葉を人類がしゃべるから碌なことにはならないと言葉をバラバラにされて相互に会話が出来ないようにされてしまった。
 
さて、ここで読者に対する質問だが、Noachは、方舟を作った時には600歳、そして方舟から出て来て子供達の成長を見届けて死んだのが950歳なのだが、
 
何故神はNoachだけを、そしてNoachの家族だけを選んで救われたのか? 
 
それほどNoach以外の人間は神の眼から見て救うべきではないと思われたのは何故か? 
 
何故Noachは神の指示する通りの寸法と神の設計図通りに方舟を作ったのか? 
 
そして何故神はBabelの塔を作って神に挑戦しようとした人類全員をNoachの方舟の時と同じように殺されなかったのか?
 
この質問にどしどし投稿して答えてもらいたい。なお私の答えはApple Applicationの「石角完爾のユダヤ金言集」に書いておく。

| - | 00:31 | comments(1) | trackbacks(0) |