profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
私の最新著書「ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集」が「TOPPOINT」に取り上げられました。
私の最新著書「ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集」(集英社)が経営者向けの書評誌「TOPPOINT」に取り上げられましたので、ご報告致します。

| メディア出演・講演・掲載一覧 | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
だから損する日本人」がTOP POINTに紹介されました。

書評誌「TOP POINT」(http:// www.toppoint.jp 2月号で私の最新著書「だから損する日本人」(阪急コミュニケーションズ出版)が紹介されました。

 

「だから損する日本人」は堅調な反応を読者の間では見せており、一人で350冊も買われた方がいます。お知り合いの人に、あるいは会社の社員に配布されるということでしょう。有難い話です。


| メディア出演・講演・掲載一覧 | 02:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
「ファイナル・クラッシュ」が関西の人気テレビ番組で取り上げられました。
 

私の経済書ベストセラー「ファイナル・クラッシュ」(朝日新聞出版)は今回のユーロ危機を何と5年前に予想した予言の書の「The Final Crash」英語版の日本語版です。

 

世界のユダヤ人投資家達は2007年に出版されたこの英語版を元に投資行動パターンを既に変更済みだと言われています。

 

今回私の日本語版「ファイナル・クラッシュ」が関西で人気のテレビ番組「たかじんのそこまで言って委員会」で取り上げられたそうで、読者注文が飛躍的に増えました。現在5刷りとなっています。
| メディア出演・講演・掲載一覧 | 00:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible "I command you" (Genesis / Bereishis 第27章8節)
 

今週20111126日のParashasは(BereishisGenesis27章第8節)

 

RebeccaJacobに向かって「私の命令に従いなさい。」と言い放った。「I command you,」と言ったのである。

 

Jewishの女の強さを示す一言である。しかも母の強さを示す。日本の女性がこういったことを言えるであろうか。私は否定的に考える。

 

日本の母親は子供の機嫌を取るばかりであり、菓子を与え、携帯電話を与え、おもちゃを与え、自分の部屋を与え、挙句の果てには車で塾に送り迎えをする。まるで王子様、王女様扱いである。

 

かくして甘やかされて育った日本の子供達は大人になると非常に弱い体質、すなわち気質に育つ。ちょっとしたことで沈む。ちょっとしたことで鬱になる。そして人に注意されるとぶっ千切れて殴ったりする。あるいは刃物を使ったりする、そして挙句の果てには自殺率が先進国ではダントツという国になった。Rebeccaのような信念を持った母親がいなくなったのである。

 

Rebeccaは自分の息子JacobRebeccaIsaacに対する企みの役割を演じるのに躊躇したことに対しきっぱり口調で「I command you.」と言ったのである。「貴方に命令する。」「Divrei Yirmiyah

 

Jewishの女は男と違い宗教上の儀式からは全て免除されているが、それはそういった時に強さを発揮するための見返りである。日本の女性は宗教上の義務など全くないに拘わらずこういった時に強さを発揮する者がいないのはHebrew Bibleという基本書を持たないからである。

 

基本書を持っていれば「母はかくあるべし」ということがこのように勉強出来るのである。Jewishの母親Hebrew Bibleという基本書を持っているので、この話は頭に入っている。それで、いざという時に子供に対する言葉になって表れる。
| メディア出演・講演・掲載一覧 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
「ファイナル・クラッシュ」が書評誌に取り上げられました。
 「ファイナル・クラッシュ」(朝日新聞出版)がTop Point書評誌に取り上げられました。4〜5万部を目指す勢いです。


「ファイナル・クラッシュ」は人気が好調で、早くも4刷りとなりました。







| メディア出演・講演・掲載一覧 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
「ファイナル・クラッシュ」の書評が掲載されました。
経済ジャーナリスト・石井孝明さんが書いた「ファイナル・クラッシュ」についての書評が「オルタナ・オンライン」(http://www.alterna.co.jp/7198)に掲載されました。

その記事はyahoo ニュース(http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111019-00000301-alterna-soci)でも取り上げられております。

 

日系ユダヤ人の予想する「お金を信用しない」未来

 

ユダヤ人は、私たち日本人には「謎めいた」存在であろう。著者の石角氏は国際弁護士で、日本人でありながら改宗してユダヤ人になった不思議な人物だ。この本は、彼が閉ざされた国際金融のサークルで教えてもらった英語の本『ファイナル・クラッシュ』を自ら翻訳して解説を加えたものだ。

石角氏によれば、英語版の本は2007年春にヒューゴ・ビューロー(仮名)という英国のファンドマネージャーが顧客のために自費出版した後で、国際金融界に「予言書」として知られた。なぜならば2008年以降の国際経済の動きを的確に予想したためだ。投資銀行などの過剰な投機活動による金融の崩壊、公的債務の増加による各国の経済システムの危機、通貨切り下げ競争、金の高騰という現実の推移を当てた。

同書は、中国などが米国債を買う力のなくなったときに金融メルトダウンという「最後の崩壊」(ファイナル・クラッシュ)が起こるとする。これらの結論は「多すぎるものはいつか暴落する」という普遍的な経済原理、さらに「カネがカネを生む」現代の金融システムの異様さ、そして過去の経済崩壊の歴史の研究から導かれたという。

石角氏はヒューゴの見解に同意した上で、日本のクラッシュも避けられないと喝破。東日本大震災で露呈した政府の能力の低さ、1000兆円を超える政府債務があるためだ。「日本を愛しても政府は信用してはいけない」。そして被害の少なそうなシンガポールや北欧への脱出を勧める。

石角氏は世界と日本の「その後」も予想する。誰もお金を重視しない社会がやってくるというのだ。人々が絆や幸せを大切にして、質素や倹約を旨として過剰な消費に踊らず、自然エネルギーを使う小規模なコミュニティがつくられるという、「身の丈にあった生き方」が広がる。それはユダヤ人の伝統的な生き方でもあるそうだ。

石角氏は「大破局の到来を信じるも信じないもあなた次第」と読者に示す。この本を材料に、社会と自分の生活の持続可能性、そしてお金から自由になる未来を考えることは、私たち一人ひとりを物理的にも、精神的にも救うことになるかもしれない。(オルタナ編集部=石井孝明)

 
| メディア出演・講演・掲載一覧 | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
朝日新聞出版より、9月7日発売の「ファイナル・クラッシュ」
 朝日新聞出版より、9月7日発売の「ファイナル・クラッシュ」



以下本のカバーより

 「驚愕の真実が明らかに!

 

世界中のユダヤ人がひそかに読んでいる衝撃の預言書

THE FINAL CRASH

 

サブプライム、リーマンショック、通貨戦争、金高騰などをことごとく的中させた話題の書がついに上陸!

果たして2011年以降はどうなるのか!?

 

驚愕!

的中した予言の数々

米国の不動産バブルがはじけ、デリバティブ市場に亀裂が入る(サブプライム、リーマン・ショック)。

 

各国が景気を刺激するため、為替レートを意図的に引き下げ、通貨安競争が起きる。

通貨価値が下落してインフレが発生し、金や石油、穀物などの商品相場が高騰する。

 

衝撃!

空恐ろしい予言の言葉!!

 

リーマン・ショックは前触れに過ぎない。

世界大恐慌をはるかにしのぐ最悪の大破局が到来する。

米国債の買い手がいなくなったとき、国債とドルが大暴落して世界経済のメルトダウンが始まる。

それは中国のインフレをきっかけとして始まる。

中国が米国債を買う力を失った時が、ファイナル・クラッシュの始まりである。

 

 世界中のユダヤ人の間で話題になっている予言の書“THE FINAL CRASH 。サブプライム、リーマン・ショック、通貨戦争、金や石油、穀物といった商品相場の高騰など、この四年間の金融事象をことごとく的中させた。2011年以降はどう予測されているのか。米国債・ドルは大暴落するのか。資産を守る方法はあるのか。ユダヤ教に改宗してユダヤ人となった国際弁護士で、同書の著者ヒューゴ・ブーローと親交のある石角完爾が、同書の内容をもとに世界経済の動向を読み解く!」以上本のカバーから
| メディア出演・講演・掲載一覧 | 15:52 | comments(1) | trackbacks(0) |
私の著書「日本国債暴落のシナリオ」が月刊テーミス「THEMIS」3月号に紹介されています。

| メディア出演・講演・掲載一覧 | 10:33 | comments(1) | trackbacks(0) |
新刊出版記念サイン会
 サイン会
| メディア出演・講演・掲載一覧 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
N.Y.の紀伊国屋書店で新刊書「国債暴落のシナリオ」のサイン会・講演会を行いました。
N.Y.の紀伊国屋書店で新刊書「国債暴落のシナリオ」のサイン会・講演会を行いました。
N.Y.の紀伊国屋書店で新刊書「国債暴落のシナリオ」のサイン会・講演会を行いました。
N.Y.の紀伊国屋書店で新刊書「国債暴落のシナリオ」のサイン会・講演会を行いました。
| メディア出演・講演・掲載一覧 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |