profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Technion の学者とChabad Lubavitch Synagogue 京都開設/Israel のbusinessman は東京に、Israel の学者は京都に | main | Hebrew Bible Exodus 第22章第24節 >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
出エジプト記第21章

Exodus 第21章、22節に次のように書かれている。

男二人がけんかをしていて、誤って近くの妊娠している女性に当たった場合に、その妊娠している女性が、その影響で流産した場合には裁判官の定める金額を賠償しなくてはならない。しかし、その女性にそれ以外の被害が生じた場合は、その償いは、life for life、eye for eye, tooth for tooth, hand for hand, foot for foot, であるべきだ。

foot for foot,burn for burn, wound for wound, bruise for bruise であるべきだ、と書かれている。

 

 さてそこで皆さんに質問だが、この命には命を、目には目を、歯には歯を、手には手を、足には足を、やけどにはやけどを、傷には傷を、あざにはあざを、という意味はどういう意味か?

この石角完爾のブログに返信する形で自分の考えを述べていただければ幸いです。

| - | 23:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
命には命を...あざにはあざをと、損害を被った場合に、対価が等しくなっていますので、文言通り以上請求してはいけないということになります。原則として文言通り以下も請求してはならないとは思いますが、関与者の資力により払えない場合もあるでしょう。その場合、慈悲といいますか(裁判官が関与する・しないで結果が違う可能性がありますが)、例外として賠償範囲を下げる可能性はあると思います。逆に文言以上請求できないのか?と思いますが、文言以下の請求はゼロから対価までの範囲に対して(被害を被った人が払う理不尽な場合は別の判断が必要でしょうが)、文言以上の請求は際限がないので、あくまで命には命を...あざにはあざをと、対価が等しく定められているのではないでしょうか?
| toshio | 2019/05/15 6:59 AM |
先ずそれは妊婦の命と胎児の命とで2つの人生として認めるべきではないですか?私たちの命は母のものではありませんが、母の命も私たちのものではありません。被害を負わせた男性側が償いを行うときには、胎児とその母親それぞれの分を行うべきだと思います。そして被害を負わせた男性は2人います。どちらか片方が胎児に対して償いをし、もう片方が胎児の母親に対して償いをすることで、公正な裁きと言えるのではないでしょうか?ただし、その償いの受け取り手が必ずしも母親であるとは限りませんが。なぜなら胎児には父親が存在します。
我々の社会からは、被害に遭いながらも償いを十分に受け取ることができていない人々の存在をしばしば思い出させます。誰もが償いを受け過ぎないように、そして償いを与え過ぎないように。これは一見すると簡単な論理に感じますが、全ての被害者が被害に応じた十分な償いを受けることに成功しない限り果たされることはありません。創造主の命令は、我々が事件の被害者と加害者が失踪することを許さないようにさせることを意図されたのだと考えます
| Minori | 2019/05/17 12:35 AM |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/1010