profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 京都祇園祭とユダヤ人のHebrew聖書 | main | 「読者からの声」 >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
二人のNetanyahu

私と同じ、ほぼ同じ同世代の人間なのにそんな危険な任務に従事している者がいるとは知らなかった。

 

 

1976年の6月末、国会待機(国会答弁を作るための残業)を命じられて当時の通産省、今の経産省の局長室で、Hungry tigerというItalianの出前の夕食を取っている時に目に入ってきたのがTel Aviv初Paris行きのAir France便が乗っ取られたというnewsだった。

 

 

ほぼ100人近い乗客の全員がユダヤ人。そしてterroristの要求に屈したAir France機はIdi Amin将軍の率いる独裁国家UgandaのEntebbe飛行場に着陸させられたのである。

 

 

ところが1週間後の1976年7月4日、Israelの特殊部隊が夜陰に乗じてひそかに空から侵入し、銃撃戦の末ほぼ全員の乗客の解放に成功したというnewsがまた飛び込んできた。

 

 

ほぼ全員、というのは100人近い乗客乗務員のうち4人がIsrael特殊部隊との銃撃戦で不幸にも死亡。そして特殊部隊の隊長であったIsraelのYonatan Netanyahuもterroristの銃弾を受けてその時死亡している。

 

 

当時経産省の官僚であった石角完爾は、全く自分と同世代の若きIsraelの司令官がその作戦で死亡したということは不注意にもMediaの報道から耳に入ってこなかった。

 

 

しかしこのYonatan Netanyahuこそ、Israelから数千Km 離れたEntebbe空港にIsrael軍機でUgandaのradar網に察知されることなく侵入して、Air France機のhijack犯を射殺してほぼ全員の人質を解放したIsrael軍特殊部隊の若き司令官であったのである。

 

 

その時銃弾に倒れた若き司令官の名前はYonatan  Netanyahu。Yonatan NetanyahuはCornell大学のProfessorであったNetanyahu博士の3人兄弟の長男として生まれている。

 

 

わずか30歳で命を失ったYonatan NetanyahuはNY市で生まれ、高校生活はPennsylvaniaで過ごしている。

そしてHarvard大学に合格し学年首席であったものの、IsraelのHebrew大学に転入学しIsrael軍に志願。Israelの対terrorist特殊部隊に入隊している。

 

その後、1973年のYom Kippur戦争やGolan高原での対Syria戦争を経て、このEntebbe空港hijack機救出作戦の隊長となり、terroristとの銃撃線でEntebbe空港で命を落としている。享年30歳であった。

 

 

実はこのYonatan Netanyahuこそ、今のIsraelの首相Benjamin Netanyahuの長兄なのである。

 

 

Benjamin Netanyahu、今のIsrael首相は兄のYonatan NetanyahuがHarvardに入ったことから刺激を受けMITに入学し、MITの学士及び修士を取った後、Boston Consulting groupのconsultantとして活躍し、その時にAmericaの後の政治家大統領候補となるMitt Romneyと有効関係を結んでいる。

 

 

Benjamin Netanyahuもその後、Israel軍に入隊。Yom Kippur 戦争、Suez 運河戦争に参加.

 

MITの学生時代にIsraelに戻ってIsrael軍に従軍し、またBostonのMITに戻り、更にMITに学籍を置きながらYom Kippur戦争に従軍。その後またBostonに戻ってMITを卒業。そしてMITの修士を終了。博士課程に進学したもののYonatan Netanyah、兄の死で博士課程を中退している。

 

 

兄の死で衝撃を受けたBenjamin Netanyahuは、その後Boston Consulting groupを辞めIsrael に戻り、兄の名前を取った対Terrorist 研究所を設立したのである。これがBenjamin Netanyahuが政治の世界に入る切っ掛けとなったのである。

 

 

UgandaのEntebbe空港の100人に及ぶIsrael人のAir France機からの救出作戦で命を落とした兄、Yonatan Netanyahuに導かれて今のIsrael 首相、Benjamin Netanyahuが存在しているといっても過言ではない。

 

 

Benjamin Netanyahも戦争、戦闘に従軍中に肩に銃撃を受け、負傷している。

もう10cm弾がそれていたら首を貫通していて死亡しているところだった、と言われている。

 

 

1972年5月8日、Belgium国営国空の旅客機がViennaを飛び立ち、Israel Ben Gurion飛行場へ向かっていたところ、Palestineのterrorist groupにhijackされ、IsraelのBen Gurion飛行場に緊急着陸した。多くの乗客はユダヤ人であり、Palestine terroristはこの時、Israelの刑務所に入っていたPalestineのterrorist達315名の解放を要求したのである。この時の救出作戦の指揮を執ったのが、救出作戦のcommand部隊に編入されたのがBenjamin Netanyahで、この時Netanyahも肩に銃弾を受けているのである。     



 

さてこの時計は、Israel 首相、Benjamin Netanyahが、恐らくPutinと会って秘密裏に交渉した結果、Syriaに進駐したRussia軍がSyriaから入手した、 SyriaのDamascusで絞首刑にあって命を落としたEli Cohenのはめていた時計である。

 

  

いずれ、稿を改めてEli Cohenについて語りたいと思っている。 

Eli Cohen はIsrael最大の英雄の一人。SyriaのDamascusで絞首刑に合う数分前に爪をはがされた手でIsraelに残された妻に宛てて書いたた手紙は、“私の死を悲しまないで未来を見つめて再婚してほしい”と切々を訴えるものであり、まさに未来を見つめるユダヤ人の真髄を遺書にしたためたものと言えよう。

| - | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/1014