profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 出Egypt Mosesの試練 | main |

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
二人のbin Laden 。 一人のbin Laden はIsrael がSyria の軍事戦略的運河計画を破壊することを助け、もう一人のbin Laden はAmerica に対する9.11攻撃を行った。

My dear Nadia, my dear family,

I am writing to you these last words hoping that you will remain united forever   I ask my wife to forgive me to take care of herself and give a good education to our children.  

My dearest Nadia,  you may remarry so that our children will have a father.  You are absolutely free in that respect.  I ask you not to mourn the past but turn to the future.  I am sending you my last kisses.   Please pray for my soul.

Yours, Eli Cohen

 

この短い文章は、Eli Cohen がDamascus で絞首刑に遭う数分前にSyria側の拷問によって爪を剥がされた血の出る指で筆記具をもって書いたLetter である。

 

この妻に宛てた最後の文は、我々ユダヤ人が涙なくして見ることも読むこともできなIsrael 最大の英雄の一人Eli Cohen のDamascus に於ける処刑数分前の妻に宛てたLetter なのである。

 

そしてこの写真の時計こそEli Cohen が絞首刑に遭う時にはめていた彼の愛用の腕時計である。この腕時計はEli Cohen が処刑に遭った1965年から約50年を経てSyria に駐留しているRussia 軍が入手し、Israel のBenjamin Netaniyafu 首相がPutin に会った時にPutin から渡された時計である。Israel のユダヤ人にとって最大の英雄の一人の遺品である。 

 

 

 

 Eli CohenがDamascusで絞首刑にあったのは1960年5月の事である。

 

Eli Cohenは1924年、EgyptのAlexandriaで生まれた。Egyptで生まれたユダヤ人。 EgyptではArabia語とFrance語の2つを母国語としていたが、家ではHebrew語を話した。

 

その他にユダヤ人の常として、英語も自由に手繰ることができた。

 

1960年代は、IsraelとSyriaが今や戦争かという状態に突入していた。Golan Heights及びLake Galileeでは常に小さな小競り合いが頻々とSyriaとIsraelの間に起こっていたのである。

 

そういう状況下でIsraelは、どうしてもDamascusに情報工作員を潜りこませる必要に迫られていた。つまりIsraelのDefence ForcesのUnit131部隊がこうした敵対国との情報工作を担当する部隊であったが、その情報工作員としてEgyptで普通の生活を送っていたEli Cohenに誘いが掛かったのである。

 

Eli Cohen は言うまでもなく無線暗号通信技術を徹底的に叩き込まれたのである。同時に、Islam教徒となりすますためのIslam教の知識、Koranの知識、Islam教の祈りも徹底して教えられた

 

さらにEli Cohenは、Spain語も徹底的に叩き込まれた。元々語学の才能があったEli Cohenは、すぐにSpain語も苦も無く話せるようになったのである。同時にEgypt訛りのArabia語から、Syria訛りのArabia語を話す訓練も徹底的にEli Cohenは受けた。

 

そのような訓練、語学の訓練及び、電気通信の訓練を受けた後、Eli CohenはBuenos Airesに足を踏み入れたのである。 そして瞬く間にBuenos AiresのArab社会でbusinessmanとして頭角を現し、Buenos AiresのArab社会の最も成功したbusinessmanとなっていったのである。 そのお陰でEli Cohenは、Buenos AiresのSyria系Arab人の中でも名前が知れ渡るようになった。

 

そしてEli CohenはBuenos AiresのArab community、特にSyria Arab communityに多額の寄付をしだしたのである。言うまでもなくその資金は、Mossadから提供されていたことは知る術もない。

 

Buenos Aires から Syria に移住したEli Cohen、 Syria 名、Kamal Amin Tabet はSyria の中で非常に資産家で、そして病院や公共設備の建築資金を寄付する篤志家としても知られるようになっていった。Kamal Amin Tabet ことEli Cohen が行う公共的な寄付行為はSyria 社会でも有名になり、その資金力を目当てにSyria の高官が群がってくるようになった。特に軍部の高官が資金目当てにKamal Amin Tabet の回りに集まるようになってきたのである。

 

Kamal Amin Tabet は隠し持ってきたRadio Transmitter を使って毎朝8時にIsrael に向けて暗号信号を送ったのである。

 

つまり、Spy 活動の成果の報告が毎朝8時にRadio Transmitter を通じてIsrael に向けて発信された。たまたま彼のRadio Transmitter を設定している自宅がSyria 軍の軍司令本部のすぐそばであったために、軍司令本部が発信する電気通信信号に紛れてしまい、探知されないという幸運にも預かったのである。

 

 

また彼は隠し持って来た超小型Camera でAccess できる限りのSyria の軍事施設の写真を撮り、それを彼が商品としてArgentine に送る輸出品の中に密かに撮影した写真のMicro Film を隠し入れて輸送したのである。Argentine ではやはりIsrael のMossad の職員がArgentine の商人としてこれを受け取り、密かにこれまたIsrael のMossad 本部に送り届けていたのである。

 

その頃Eli Cohen はSyria のBaath 党の幹部たちと接触する機会を得ることができたのはEli Cohen が提供する豊富な政治資金献金によるものであった。

 

そのBaath 党がSyria の政権を1963年3月に担うこととなったことを切っ掛けとして、Eli Cohen が提供する豊富な資金力をもってEli Cohen のBuenos Aires からの友人である軍部の幹部Hafez 将軍が防衛庁長官、国防大臣の要職に就いたのである。かくして、Israel のSpy Eli Cohen はついにSyria の軍事情報の全てをこのHafez 将軍から入手することができる立場にまで登りつめたのである。

 

そしてその後Hafez はさらに力をつけ、ついにSyria 革命評議会の議長、すなわちSyria 政権のTop に登り詰めたのである。Israel のSpy Kamal Amin Tabet の最も接近した相手Hafez がSyria の国家元首にまで登り詰めたのである。言葉を変えると、Israel のSpy、 Eli Cohen はSyria の内部情報の全てを入手できることとなったのである。

 

Syria は密かにJordan 川の水を運河を作ってIsrael 側に一滴も流さないでIsrael を干上がらせる計画を立てていた。そして現実にその運河工事を始めていたのである。Eli Cohen はその運河工事の詳細、工事設計書、そして場所の全ての情報を実はSaudi Arabia の実業家から入手していた。

 

Kamal Amin Tabet のSaudi Arabia の大親友である。その名こそSaudi Arabia の大実業家bin Laden であった。Kamal Amin Tabet はbin Laden の情報提供のお陰でIsrael の存亡に関わるSyria の運河計画の全てを入手、これをIsrael 軍に密かに通報していたのである。

 

1964年11月13日Syria とIsrael の間で戦火が始まった。Israel 空軍は他には目もくれずこの運河を徹底的に破壊する爆撃を行ったのである。bin Laden の提供した情報のお陰でIsrael はその生命線を絶たれることなく済んだのである。

 

そのbin Laden の息子が実は9.11 のOsama bin Laden であることは歴史の皮肉としか言いようがない。というよりも歴史の事実は小説以上に皮肉な運命の巡り合わせを提供していたのである。Israel を(そうとは知らず結果的には)救ったMohammad bin Laden の息子Osama bin Laden がIsrael の最大のally であるAmerica に9.11 攻撃を仕掛けたのは歴史の極めて皮肉な運命の巡り合わせとしか言いようがない。

 

Mohammed bin Laden 、Osama bin Laden の父親はSaudi Arabia の大実業家でSaudi 最大の建築会社のOwner であった。Syria 運河計画の工事を受注していたのだ。

 

しかし、Eli Cohen にもついに最後の時が来たのである。Syria 情報部の捜査官がついに不審な電波の存在に気づき、その電波発信の所在を突き止め、Eli Cohen を逮捕した。一応形ばかりの裁判は開かれたが、即刻死刑を宣告され、Damascus の公開死刑にかけられたのである。絞首刑であった。

 

Kamal Amin Tabet ことEli Cohen の働きとMohammed bin Laden の(重大な過失によるとはいえ)情報提供がなければIsrael は水不足に悩まされる不毛の国となっていた恐れがある。Israel を救ったのがOsama bin Laden の父親であったという歴史の皮肉ではある。

 

Saudi Arabia の二人のbin Laden 。 一人のbin Laden はIsrael を助け、一人のbin Laden は9.11攻撃を行った。

| - | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/1019