profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 品切れ中 | main | 問答無用の日本人、問答有用のユダヤ人 >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
質問のできない日本人〜国際舞台で存在感のない日本の経営者
世界で関心を持たれない日本

先日の出席したセミナーで面白いやり取りがあった。東京工業大学の世界文明センターセンター長のロジャー・パルバース教授)が、「日本は21世紀に生きのびれるか?」というタイトルで講演をした。

講演終了後、一人の老財界人が立ち上がって、「この間のダボス会議で日本の大企業の経済人の話に、たった9人しか参加者がなかった。同じ時間の他の講演には人が一杯押しかけていた。どうしてこうなのか?」という質問がなされた。  

教授はユダヤ人だった。ユダヤ人は、質問に対し質問で答えることが多い。このときも、「じゃあ貴方は何故その財界人の話にそれだけの人しか集まらなかったのかと思いますか?」と逆に聞いた。日本の財界人は「それは話が面白くないからだと思います」と答えた。

パルバース教授は「それはそうです。誰が面白くもない話に時間を割いて聞きに行きますか。貴重な時間を割いてスイスまで行っているのですよ。それは面白い話の所に行くのが当たり前じゃないですか。面白くない話の所には誰も行かないですよ。誰だってそうでしょう。

では何で話が面白くないと思うのですか?」とさらに質問をした。この質問に対して質問者は答えに窮していた。  

ここで答えに窮するというのが問題だ。今の日本の置かれた難しい立場を現している。世界中の皆が日本に興味を失っていることは日本人が十分認識している。それはダボス会議でも、日本の政治家や財界人が話をするセミナーに聴衆は極端に少なかった。

では何が原因でそうなっているのか。「『分からない』ことが分かっていないことが問題ではないのですか。質問をする力がないのではないか」。これが、私とパルバース教授の共通の認識だった。

パルバース教授はユダヤ人である。そして私もユダヤ教に改宗したユダヤ人だ。私とユダヤの関係は、この連載の中で、説明していきたい。だが、ユダヤ人の態度で一番顕著なのは、「問い」を重視する人々であるという点だ。

「質問をしない」ことで何が起こるのか

日本では「1を聞いて10を知れ」と言われる。それが頭の良い子だと教えられる。ユダヤ人は「1000を聞いて100を知る」と言われる。日本人は「察しが良い」のにユダヤ人は「察しが悪い」。しかし、よく比べるとこうだ。

日本人は1しか質問しない。その結果10しか知らない。 ユダヤ人は日本人の1000倍も質問する。その結果日本人の10倍も知る。 まことに対照的である。

中野次郎というオクラホマ大医学部内科教授が40年ぶりぐらいに母校の神戸大医学部で講演をした。講演の後、何か質問はないかと学生に壇上から言うと、しんと静まり返って誰も質問しなかった。あまりの静寂に耐えかねて、中野次郎が「君達はなぜ質問しないのか」と講演の後、学生に聞くと「質問したら失礼だからです。」という答えが返ってきた。

ヘブライ大学である日本の学者が講演した。質疑応答の時間に入る や、質問の嵐であった。予定を延長してやっと終わった後「君達はなんでそんなによく質問するのか。」と日本の学者が聞くと、ユダヤ人学生は「質問しないと失礼だからです。」という答えが返ってきた。

日本では質問する子は悪い子と言われ、 ユダヤでは質問しない子は悪い子と言われる。家庭教育に まことに対照的だ。 

「発信しない日本人」。これは「質問しない」ことの裏側にある。このパルバース教授もその通りであると言った。「日本の学生は全く質問しない。日々それと戦っている。質問しない日本の生徒と戦っている」という。

「質問しない」、「議論しない」、「反論しない」、「発信しない」。そればかりか、最近は相手をシャットアウトし「問答無用」とやる。世界の標準からすると、非常に異質な存在だ。

発信できない日本

最後に冒頭に戻って、なぜ日本の経営者の話は面白くないのかを考えてみよう。「経済の話しかしないのだと皆が思っている。だから面白くないんですよ」。これがパルバース教授の意見だ。 

「韓国や中国は経済・経済と言っているけれども、自国の文化に対して非常に熱心に海外に自信を持って発信しようとしている。だけど日本にはそれがない。

岡倉天心や与謝野晶子、宮澤賢治のことを、その素晴らしさを全く違う人種の人に、英語は下手でも良いから分かるように訴えることが出来ますか。そういう話を経済の中に交えてプレゼンテーションが出来ますか? 日本の能でも歌舞伎でも何でも良い、自分が良いと思っている日本の文化について世界の人々に自信を持って語れる経済人がいますか? だからなんですよ」とこの先生は答えた。

確かに日本の一流の人で会社のトップになった人は経営者として優れているかも知れないが、国際的な舞台に於いて全く文化背景も言語も人種も宗教も違う人々に対して、日本文化というものを発信出来る人は皆無なのではないか。  

日本の異質さを誇ることが、かつて繰り返された。しかし、世界の荒波の中で生き延びてきたユダヤ人の発想法という視点に立つと、その異質さが、非常に危険なものに映る。同じ異質さを持ちながら、折り合いをつけしたたかに生き延びるユダヤと違う。孤立を進み始める危うい異質が現れている。  

この連載では、ユダヤの視点を紹介しながら日本の教育や世相を分析してみたい。

| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/15