profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< コールニドレーについて | main | 私が講演したある財界人のセミナーの参加者あてに送った礼状 >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
講演でのやり取り再現
久し振りに日本に帰国してある企業家の集まりでユダヤ教について講演した。Q&Aの時間になり、ある会社の社長が手を挙げて私にこう聞いた。
 
Q:石角さん、改宗前と改宗後で何が変わったんですか。いわゆるBefore and Afterですよ。
A:そういう質問をするということは、改宗によって何かが変わるということが前提の質問ですか。だとすればその質問自体が正しくありませんね。いいですか、ユダヤ教徒になる前とユダヤ教徒になった後で何かが変わるというものではありません。ユダヤ教はあなたの人生を変える為のものではないのです。ユダヤ教はあなたが世界をどう変えるかに関する宗教なのです。従って問題は私がどう変わったかではなく、私が世界をどう変えたか、私がユダヤ教徒になる前と後とで何か私が世界を変えた違いがあるのか、という質問なら喜んでお答えしますよ。
 
Q:石角さんの話を色々聞いたけれども、ユダヤ教、ユダヤ人に対しては一つも共感する部分がなかった。共感を得られないね。
A:ええ、当たり前です。ユダヤ教は人に共感を求める宗教ではないからです。布教・伝道活動は一切しません。人に分かってもらいたいと思ってもいません。共感を得てもらいたいと思ってもいません。そもそもそういう宗教ではないのです。ユダヤ人も人とは違った民族であることを4000年間求めてきた民族です。今後もそれは変わることはないでしょう。日本人は人から共感をもらいたいとか、人と同じでありたいと思う性向が強過ぎますね。だから独自の文明が生まれなかったんですよ。
 
Q:何でそんな変な宗教なんだ。
A:ユダヤ教というのは神と自分の関係だけに立脚する宗教なんです。自分というのは自分一人です。他のユダヤ人との関係でもない。私と神との間の契約に基づき神から授かったMissionをこの世に実現する為に私がいるという宗教なのです。だから人がどう思おうと関係ありませんし、私と神との関係につき人から共感を貰いたいということなどはここから先も思っていません。
 
Q:話を聞いていると徹底した選民思想だね。
A:当たり前です。我々ユダヤ人が神に選ばれ、我々ユダヤ人が選んだ神であり、我々ユダヤ人と神との間にパートナーシップの契約があり、その契約に基づいてこの世界を少しでも良くしようと努力している訳ですから、選民であることは当然です。問題は日本人であるあなた方に世界を少しでも良くしようという徹底したMission思想がないことです。今日本で溢れているのは野球、サッカーに興じ、グルメを追い求め、「円安だ」、「円高だ」と大騒ぎをし、テレビではお笑いタレントの馬鹿騒ぎか、誰が検察に捕まったか・捕まらなかったか等と大騒ぎをしている全くコップの中の内向きの風潮です。それも一種の選民ですよ。しかし字が違いますね。「何もせん民」です。
 
Q:石角さんはイザヤ・ベンダサンの書いた「日本人とユダヤ人」という本をこき下ろしましたね。最も日本人にユダヤに関する誤解を与えた本だと言いましたよね。しかし第2回大宅賞を受賞している立派な本ですよ。
A:受賞の問題について私はとやかく言っていません。しかし、ユダヤ人イザヤ・ベンダサンというのは存在しないでしょう。山本七平本人じゃないんですか。だとすれば何故実名で書かなかったんですか。あたかもユダヤ人が書いたような体裁を取った為に、書かれていることが本当のユダヤ人のことだという誤解を与えたという意味に於いて最も誤解を日本人の間に広めた本だと言えませんでしょうか。少なくともユダヤ人である私はそう思いますね。そもそもイザヤ・ベンダサンなどというユダヤ人の名前は、ユダヤ人になってみると分かりますが、聞いたこともないし見たこともない名前ですよ。ところが、あの本を読んだ当時の日本人はこういう名前がユダヤ人の名前だと思ってしまったのではないんですか。それだけでも大いなる問題ですよ。我々ユダヤ人は自分の名前にそれぞれ自信を持っています。アインシュタンとかレオナルド・バーンシュタインとか、ユダヤ人は色々な事情があってひと目でユダヤ人と分かる名前を付けています。逆にそれだけ名前に自信と自負を持っているのです。山本七平の書いた偽名のユダヤ人の名前はそういう意味に於いて日本人に誤解を与えたとも言えるでしょう。
 
Q:石角さんは自分のことを「我々ユダヤ人」とこの講演で何度も言っていたが、横で聞いていて大変な違和感があるね。あなた日本人じゃないの?
A:じゃあ、ユダヤ的にお聞きしますが、日本人って一体何なんですか。日本人の定義は何なんですか?
Q:そんなことはどうでもいいんだよ。
A:いや、どうでもよくはありませんよ。ユダヤ人は「改宗者もしくはその改宗者たる母から生まれた子」という定義を4000年にわたって守り続けて来た人々の集団です。その集団に私は構成員として属している訳ですが、違和感があるとおっしゃるのは私が日本人なのに「我々ユダヤ人」と言っているから違和感があるんでしょう。だから「日本人って何ですか?」とお聞きしているのです。
Q:日本人とは日本国籍を有する者だよ。
A:だから私は日本国籍を有するユダヤ人なんですよ。ユダヤ人は世界中に散らばっていますが色々な国籍を有しているんです。あなた方は日本人、日本人と言いますが、結局は国籍の問題なんですか。国籍というのは制度でしょう。制度というのは法律でしょう。そうするとあなた方日本人の定義は法律が決めるんですか。それって変じゃありませんか。民族の定義を法律が決めるんですか。それこそ違和感がありますよ。先に「民族ありき」じゃないんですか?
日本人とは何かという定義がしっかりしないくせに、日本人は二言目には「日本人、日本人」と言う。誠におかしなことである。物事には定義がなければ口にしてはいけない。日本人とは何か? ユダヤ人の場合には「改宗者及び改宗者たる母から生まれた子供」という定義が4000年間確固として継続されてある。
ならば日本人という定義は何か。日本国土に住み、日本語を話す者? それならデーブ・スペクターだとか色々白人種で日本国土に住み日本語を話す人はいっぱいいる。あれも日本人か? その人達も日本人か? 在日韓国人はどうなるんだ? その人達も日本人と言うのか? そうではあるまい。日本人が「日本人」と言う時には必ず皮膚の色が入っている。いくら日本に住んでいても、いくら日本語が我々と変わらず出来ても黒人白人は日本人とは看做していない。在日韓国人も日本人とは看做していない。心の底ではアイヌも日本人とは思っていない。そう言われて反論出来ないだろう。日本人こそ一番差別的な人々である。制度上の差別はないが心の中での差別は恐らく世界のどの人々よりも激しいものを持っているのではないか。日本人の定義が出来ないところが実はそこにある。日本人の定義が表立って言えないところは実はそこにある。在日韓国人や在日中国人を入れたくない、皮膚の色の違う人間も入れたくない、日本語をいくら達者に話しても皮膚の色や顔の形が違う人は入れたくない、皮膚の色が同じでもいくら日本に永住していても韓国人や中国人は日本人の定義には入れたくない。こういう差別的な意識が根底にあるから日本人の定義が出来ないのではないか。日本人は世界でも最も差別的な人々だ。そして、日本人が「日本人」と言う時の定義には「皮膚の色の違い、及び、韓国人及び中国人を含まない」ということだ。朝青龍も日本人とは認めていないんだろう。白鵬だってモンゴル人としか認めていないんじゃないか。白鵬を日本人力士とは言うまい。外国人力士と言っている。だから、日本人の心の定義の中にはモンゴル人も含まない。結局煎じ詰めて言うと、心の中にある日本人の定義というのは一体何なのか? 差別以外の何ものでもない。
 
Q:石角さんの話を聞いていると、ユダヤ人は平和主義者のように聞こえるけれども、イスラエルほど好戦的な国はないんじゃないの?
A:イスラエルのことを好戦的な国だということを日本の方々から聞きたくもありませんね。日清、日露から第二次世界大戦に至るまでどの国が最も好戦的だったのか、それはご存知でしょう。日本じゃないんですか。しかも日本のやった戦争は自衛の為の戦争と言えますか。言えないでしょう。
 
ユダヤ人はユダヤ教徒です。そしてイスラエルはユダヤ人の国です。しかし、ユダヤ教の教えは4000年の教えであり、現在イスラエルという国家の政治体制が置かれた政情とは無縁です。政治と宗教をゴッチャにしないで下さい。ユダヤ教としての宗教は徹底した平和主義です。イスラム教も徹底した平和主義であり、キリスト教も徹底した平和主義なのです。どの宗教も平和を求めない宗教などありません。宗教と政治をゴッチャにするのは大いなる誤りです。政治は自国民の安全保障が大きな命題です。宗教は平和達成が大きな命題です。その2つの命題が食い違うのは当然のことじゃありませんか。
 
Q:石角さんに一番質問したいのは、改宗前と改宗後、生活がどう変わったかということだ。Before and Afterだ。
A:改宗後は忙しくなったということだ。
Q:どういうことですか?
A:朝晩2回シナゴーグに行く。そして金曜日の夜はシナゴーグで3時間を過ごす。土曜日の朝もシナゴーグで3時間を過ごす。土曜日の夜はシナゴーグで勉強会がある。水曜日の夜にもシナゴーグで勉強会がある。その予習、復習だけで大変だ。その上弁護士としての仕事もあるし、扇屋としての仕事もある。今までも忙しかったが余計に忙しくなった。
Q:それじゃ、一つもいいことないじゃないですか。
A:とんでもない。弁護士の仕事はいずれは引退する時期が来る。いずれは人から相手にされない時期が来る。いずれは後継者に引継がなければいけない時期が来る。しかしユダヤ教の勉強だけは、そしてシナゴーグに行くことだけは人任せに出来ない。恐らく死ぬ前日までそれが続く。逆に皆さん方にお聞きしたい。あなた方は死ぬ前日までやる仕事をお持ちですか? 仕事というのは、いわゆる会社に行くとか事業の経営をするとかという意味の仕事ではない。神との間に於いて自分に課された仕事という意味です。
 
| メディア出演・講演・掲載一覧 | 18:26 | comments(4) | trackbacks(0) |
初めてメールします。ひょんなことから貴殿のブログを知ることになり、拝見させて頂いております。

記事の中に以下の表現がございます。

気になりましたもので、不躾ではございますが、私見を記します。

===

ユダヤ人は「改宗者もしくはその改宗者たる母から生まれた子」という定義を4000年にわたって守り続けて来た人々の集団

===

ということは、貴殿の定義するユダヤ人とは、民族的・血族的な定義ではないと理解できます。

つまりアシュケナジー系ユダヤ人(アーリア系白人国家「ハザール汗国」の末裔)のことを貴殿はユダヤ人と定義しているのでしょうか。

だとしますとここに疑問が生じます。つまり、アシュケナジー系は、【ユダヤ教に改宗したコーカソイド】であり、人種的な意味でのユダヤ人ではないと考えられるからです。

しかしそれにしても、【我々ユダヤ人】という表現には共感する部分はあります。なぜなら我々日本人のルーツに思いを馳せた時、スファラディ系のユダヤ人(セム系民族・モンゴロイド・ヘブライ)である可能性に相当信憑性が高いと考えるためです。

ご存知とは思いますが、以下の書評を参考にしております。

アーサー・ケストラー

N・マックレオド

ラビ・M・トケイヤー
| chakra | 2010/10/21 12:53 PM |
> 民族的・血族的ではない
改宗者の母親、ユダヤ人の母親をもつものは自動的にユダヤ人となるのに、なぜそういうことが言えるのでしょう。

「民族、宗教」という概念の両方であり、あるいはそのどちらでもないのです。それがユダヤ人であり、ユダヤ教なのです。世界の多くの民とは違った方法で結びついている集団、それがユダヤ人なのです。

改宗者の頻度は時代によっても異なります。古代や中世初期のユダヤ教は現代よりはるかに開かれており、ユダヤ教は改宗者を現在よりはるかに多く求めました。

また、あなたのあげられた本はすべてトンデモ本です。日本の知的レベルはその程度です。
| Yosef Yitzhaq Ben-Barzillay | 2010/10/23 2:36 PM |
勉強不足にて失礼しました。

“ユダヤ人”という言葉の定義の問題ですね。

貴殿が仰る定義が“歴史的真実”かどうか、客観的な根拠が是非とも知りたいです。宜しければ引用文献などを教えてくださいますでしょうか。

それから、トンデモ本であると断定できる根拠になる引用文献も教えて頂けますでしょうか。

宜しくお願いします。
| chakra | 2010/10/25 12:22 PM |
こんにちは。
chakraさんの挙げられてる本がトンデモ本かどうかはともかく、
私はBenBarzillayさんの意見にほぼ賛成です。

ちなみに私は学者ではなく、一般のしがない社会人なので
専門的な意見は述べることはできませんが、
おおざっぱな言い方をすれば、
ユダヤ教の信仰と律法を守る「神との契約」を結べば
人種はどうであれ「ユダヤ人」なのではないでしょうか?
むしろ人種は全く問題にもならないのがユダヤ教の考え方と思えますが?

これは勝手な私見ですが、
ユダヤ教は基本的に「契約」に支えられており
改宗者の受入は前提にあると考えています。
割礼(ブリトミラー)は契約の印でありブリトは契約を意味します。
ユダヤ人の祖とされるアブラハム自身も改宗者です。
もし血統に重点を置くならアラブ人の祖とされる
イシュマエル(アブラハムの息子)の存在はどうなるのでしょう?
いや、イシュマエルには異邦人の血が入ってるというのなら
ダビデ王はどうなるでしょう? 彼の祖々母は異邦人です。

上記のことは聖書に書かれた伝承にすぎない、
歴史的事実とは言えないと言われるかも知れませんが、
ユダヤ教の考え方をよく表してるとも思います。

ただ時代によって価値観や理想が変わることもあるでしょうから
ひとくくりにしては言えないとも思えます。
前2世紀に政治的な理由で強制改宗させられた
イドゥメア人がいますが、ヘロデ王はその子孫で
当時のユダヤ人は彼のことを
純粋なユダヤ人の王ではないと嫌っていたといいます。
これなどは血統に固執した一例と思いますが
ローマ支配よるヘレニズム的な思想流入に対するユダヤ人達の
言わば「攘夷的な思想」の時代だったのかも知れません。

アーサー・ケストラーやN・マックレオドの本は読んでいないので
なんとも言えませんが
ラビ・トケイヤーの本は私も数冊読みました。
ユダヤ教を勉強するうえでラビの意見を知りたいと思ったからです。
彼は著作で日本人とユダヤ人の習慣の似ているところを
いくつか挙げていますが、可能性のひとつとはいえ
それが日本人のルーツに関わるかどうかは別問題かと思います。

私の個人的な意見ではいくつかの理由で、
いわゆる「日ユ同祖論」は疑問です。
逆に言えば、彼らの目にはそれぐらい日本人が特殊な習慣を持った
不思議な存在に写ったのかも知れません。

ただ日本人の神といいますか、超自然的な「何か」に対して
畏れ敬う姿勢はユダヤ教と似ている部分があるようにも思います。
(この辺は石角さんとは意見が異なるかも知れませんが)
| masa | 2011/06/09 8:49 PM |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/197