profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 読者からのユダヤに対する非難の書込みについての当ブログの掲載方針について | main | 「Hindu convert to Jew、ヒンズー教徒からユダヤ教に改宗した偉大なラバイ」 >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
「週刊現代」に紹介されます
 ご無沙汰しております。さて、私の書いた「日本人の知らないユダヤ人」(小学館)の著書が1122日発売の「週刊現代」の172ページから174ページの3ページにわたって紹介特集されます。是非ご覧下さい。週刊現代の編集者がまとめたものですが、本1冊分を非常にうまく内容を逃さずにまとめています。いわば「日本人の知らないユダヤ人」(小学館)のダイジェスト版です。是非週刊現代をお求め下さい。


| メディア出演・講演・掲載一覧 | 11:07 | comments(2) | trackbacks(0) |
石角先生、ブログを偶然見つけまして大変嬉しく拝見しました。夫がユダヤ人で、数年前に改宗した東京在住の女性です。これまでにシナゴーグなどで何度かお会いしております。

 差し出がましいのですがコメントさせていただきたくなってしまいました・・・。

私が本などの知識でなくユダヤ人に個人として初めて親近感を持ったのは、来日した米国の15歳の都会的な男の子で、お母さんが富豪で一見甘やかされているのですが、雨上がりにコンクリートに落ちて苦しそうなミミズを素手で拾っては、一匹一匹やわらかい土に戻してあげるのです。都会っ子でも大人でも、ぬるっとして触るのが気持ち悪いとか一切なしです。これは、私の知るユダヤ人の人は、本能的に反射的に、そうします。私の夫もやはりそうでしたので驚きました。改宗にあたって色々勉強して、いかにあらゆる生き物の命を重んじる宗教かを学べて本当に良かったと思っています。
イスラエルは、コーシャーの痛みのない屠殺だけでなく、残酷な製法のフォア・グラの製造輸入を禁止するなど、動物福祉の面でも他のどの国より進んでいます。

聖書に登場するのも、動物を助けたノアにはじまり、母祖のリヴカがらくだに水をあげた逸話から、羊飼いのデイビッドまで動物好きです。
また改宗した妻として、夫婦が本当の意味で仲良くつれそうこと、家族を愛し尊重することをこんなに教える宗教もないと証言できます。

私も以前ブログなどで、ユダヤ教で教わったこと、自分なりのトーラ、タルムードやカバラー研究で思ったことを書き綴っていました。今はそうしたことは自分の思考の糧にしたり子どもに教えるか、夫やラバイ、他のユダヤ人との会話にとっています。そのように話をすることは大変楽しいです。思うに日本には多くの「Proユダヤ人」を名乗る人がいて、理由はないけれど一緒にがんばりましょうみたいなことを言ってきます。しかし数年たった結論としてあまり心を許せないという印象です。いつの日か粘着的に憎しみをぶつけるようなことを言ってきます。
やはり何の戒律も守らず、食べたい放題やりたい放題で生きている人たちとしょせん、合うわけがないです。ユダヤ人とは共通点が多いと何の根拠も無くpatronizingなことを言う一方で、何一つ理解せず根拠のない敵視をしてくるのも日本人です。情緒に流され、また目に見えるものを精緻化することばかり追い求めて生きているとこのようになるものなのだと反面教師にさせてもらっております。
このように生き生きとした価値観は自ら実践するだけで忙しく、誰に説明して釈明する義務もないとも思っております。
また、やはりプラクティスを通じて体得する部分が大きいので頭だけでユダヤ教とは何かを聞いて、あとは食べ放題、好き放題で数量化したり形あるものばかり追い求めるペイガンには理解不能と思います。やはり180度違う所があるのですから・・

仏教や禅だと、そのように言えば納得する人は多いのです。それなのにユダヤ教は浅薄な紹介本を読んだり、先生のような熱心で誠実な方に無礼な質問をすることで分かると思っていること自体が・・・自分達が一番、自然に溶け込んで進んだ文化を持つとの思い込みが激しい傲慢に思います。

昨年、子どもが生まれましたので、夫婦揃って、子どもにユダヤ人教育を施すことに専念しています。簡単なことから、メズーザを敬い、ネティラティ・ヤダイムで清潔に、朝起きたらシェマーを唱える。そして食に関する節制と動植物をいつくしむ心を育てる。
物や空間でなく時間や抽象的思考力、ユーモアを大切にすることを幼少からの習慣にさせる。先生のおっしゃるとおりユダヤ人の生活は本当にシンプルな生活です。親になれたこと、子育ては楽しくてたまらず、最高の祝福でありMitzvaの機会をいただきました。

 Avraham Joshua HeschelのShabbathという本は子どもに必ず読ませたいと思っております。短いですが、Judaismの最も素晴らしいShabbathのエッセンスを詩的な英語で説明した本です。

 Hashemの祝福があって授かった子ですので大切に育てていきます。健康そのもので、誰からも驚かれるほどとても発達も早く、誕生から1年少しですが既に両親にとって、これまでの人生の何百倍も喜びをもたらしてくれております。

先生が120歳まで健康でいらっしゃいますよう!
いつの日かエルサレムで一緒に新年を祝うことができましたら最大の光栄に存じます。





| Hannah G. | 2010/11/24 11:12 PM |
欧州、米国の大学で学び欧米ユダヤ人の知り合いもおり、ユダヤの商法も読みました。ユダヤ人の学び方,休み方、教育に感銘を受けました、ユダヤ人が天国に行く際、結婚したか、正直の商売したか、子供を真剣に育て子供に商売の方法を教えたかこの3点を聞かれれるそうです。自分は欧米の大学MBAに行き英語、スペイン語、イタリア語、貿易業務を覚え結婚、正直に商売最後はまだですが、いい教えだと思います。
| Y.U | 2010/12/03 6:21 PM |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/217