profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 宗教国家アメリカの今ホットなIssueについて | main | 小学生じゃあるまいし >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
ユダヤ人は生肉を食べない。
 ユダヤ人は教義に従い基本的に菜食主義だ。肉は例外として食べないわけではないが、4000年間生肉は食べないできている。

ユダヤ教は食事戒律の宗教である。食事戒律を守ることが極めて重要なユダヤ教の教義であり、それなくしてはユダヤ人とは言えない。ユダヤ教とは食品衛生管理法と言っても過言ではない。


何故生肉を食べないか? それはヘブライ聖書にユダヤ人は血を食してはならないと書かれているからである。無論食べる動物の種類も限定されている。牛、羊、ヤギだけである。しかも屠殺方法、生肉処理の方法がヘブライ聖書とタルムードで極めて厳重に決められている。

つまり古来4000年間徹底した衛生管理が行われてきたのである。その結果として、ユダヤ人は食物による中毒死を経験していないと言っても過言ではない。無論戒律を守らないユダヤ人は食物による中毒死を経験しているだろう。

ユダヤの牛肉の調理方法は血を抜くための調理方法であるから、Broilが主体である。Broilとは表面から焼きつけ火に炙るから、当然表面に付いている病原性大腸菌は死滅する。しかも血を食してはいけないから芯まで熱を通すことが要求されている。これがユダヤ教の宗教教義なのであるから、ユダヤ人は宗教教義を守る。すなわち調理方法も厳格に守らなくてはならないのである。

またユダヤ人はヘブライ聖書に従い牡蠣や貝を食べないから、食中毒に当たることもない。無論フグは聖書により禁止された魚類であるから、フグ毒中毒になることもない。

ユダヤ教の宗教教義はかくして徹底した食品衛生管理法なのである。かくしてユダヤ人は4000年間その健康維持に努めてきたのである。

どこかの国では、生肉の処理方法も決められず、罰則もないという。我々ユダヤ人は神の法で生肉処理法が決められている。神の法に罰則はないが、ユダヤ人は4000年間厳格に守ってきた。


しかも肉を食べる場合でも、ユダヤ人の認定された屠殺業者(ユダヤ人の認定するユダヤ人の経営する屠殺業者、生肉処理業者及び流通業者)及びユダヤ人が経営するレストランで厳格にユダヤ教義に従って調理された以外では肉は決して口にしない。

誰がどう用意し調理したか分からないものは絶対に口にしないのである。従って、肉を食する時は厳格に認定されたユダヤ人の調理するものしか口にしない。

これがKosher律法というユダヤの教義である。


しかも一般家庭でも、肉の調理台/調理器具とその他のものの調理台/調理器具とは区別され、キッチンは二つある。それくらい生肉は危険だとして扱っている。
| - | 11:45 | comments(7) | trackbacks(0) |
ユダヤ人は凄い厳しい戒律の中を生き抜いてきた民族ですね。だからこそ優秀なんでしょうね。
| ひろせ  | 2011/05/20 12:42 PM |
菜食中心だそうですがタンパク質はどう摂っているのでしょうか?大豆?乳製品?やはり魚なんでしょうか?あと、血はダメなようですが刺身も食べられないのでしょうか?その他、豚エキスもダメならコンソメで味付けしたものやらラーメンもスナック類も殆んど食べられくなってしまいますが…
| さんシュタイン | 2011/05/21 8:42 PM |
食事というのは、
健康を維持するため
必要な量の食べ物を摂取すればいいのでは。

あの珍味を食べようなどと
美食に狂って生きるのは
精神的には貧しいです。

日本に住んでいて思うのは食事の際の
会話の質の低さです。
ユダヤの人達のように食卓での
最大のご馳走は、知性溢れる議論というふうに
日本社会もなればいいのですが実現は
難しいです。
| まつしま | 2011/05/22 4:00 PM |
石角先生

申し上げていることは一緒であります。
私の文章が誤解を招いたかもしれませんが、私が最初に述べた「それを目指して」のそれは「肉の必要のない体」ではなく、精神を崇高にすることを目指したいということであります。
従って、一緒であります。
まさか、肉を食べないことが精神を崇高にすることなどとは子供ではありませんから思うわけもありません。

しかし、それにしても、こうした基本的な精神を忘れて、人間的な解釈と生き方をする人々が如何に世の中に多いことか?
更には、宗教をむしろ利用して我田引水的に自らの正当性を主張しようとする人が多いのか?
とても悲しいことであります。
| ××× | 2011/05/24 4:26 AM |
石角先生

申し上げていることは一緒であります。
私の文章が誤解を招いたかもしれませんが、私が最初に述べた「それを目指して」のそれは「肉の必要のない体」ではなく、精神を崇高にすることを目指したいということであります。
従って、一緒であります。
まさか、肉を食べないことが精神を崇高にすることなどとは子供ではありませんから思うわけもありません。

しかし、それにしても、こうした基本的な精神を忘れて、人間的な解釈と生き方をする人々が如何に世の中に多いことか?
更には、宗教をむしろ利用して我田引水的に自らの正当性を主張しようとする人が多いのか?
とても悲しいことであります。
| ××× | 2011/05/24 4:46 AM |
あの…。ブログに書いてあるからと言って無批判に受け入れて自分達日本人を貶めるのはユダヤ的ではないような気がするのですが。また、実際どんな人かも良く分からないのに先生なんて呼ぶのもどうかと。(弁護士だから先生でいいのかも?)あと、必要な栄養さえ摂ればいいのなら、餌と変わらない訳で。果たしてこれが絶対なのか?他の生き方にもまた別の真理があるかも知れないし。その辺を哲学するのが本当の知恵なのではないでしょうか?戦時中と変わらず無批判にそうだそうだでは進歩がないわけだし。石角さんも、ユダヤ人はものすごい数の人達が虐殺されたと書いてますが、日本人としては加害者扱いされる訳だし。その辺を考えてみる必要はあると思います。
| さんシュタイン | 2011/05/24 6:34 PM |
2020年1月後半以降、新型肺炎(コロナウイルス)の話題が広まっているが、発生源の中国では野生動物を食べる風習もあるとのこと。確か、ユダヤ教の食事戒律ではKosherの動物でも、正しく飼育された家畜ではなくて、野生動物の食用は禁止だったと思います。何千年も前からこのような衛生知識が共有されていたことに驚きを感じます。付け加えると、ノアの七戒でも生きた動物から生肉を食べる事は禁止されています。
| toshio | 2020/02/14 4:33 PM |









トラックバック機能は終了しました。