profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ユダヤ人は生肉を食べない。 | main | 関東大震災と東日本大震災/比較 >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
小学生じゃあるまいし
 

ユダヤ人は生肉を食べないという私のメルマガに対し、次のようなコメントが来ました。

 

申し訳ないのですが、そのコメントの部分は少なくともユダヤの教えではありません。そのコメントの部分というのは

 

「小学生じゃあるまいし、肉を食べなければ精神が崇高になるなどとは思っていません。」

 

という部分です。ユダヤ人はまさにその小学生なのです。ユダヤ人は次のようにBelieveしています。

 

「肉を食べないことにより精神はより崇高になる。」

 

ユダヤ人は次のように考えています。

 

この世に生を受けたのは食の楽しみ以外の目的があるからに違いない。グルメに走り食べたいものを食べ、美味しいものを食べる。それだけが人生の目的である訳がない。この広い大宇宙の銀河系のこの地球というPlanetに私が生まれてきた目的は何か他にあるに違いない。だとすれば、それは神が私達人間に与えた目的に違いない。その目的は何か? これを日々考えることが神の教えを知る一つの手がかりになる。そうとすれば、食べたいものを食べるという毎日を送り、それで満足してしまってはいけない。だから我々ユダヤ人は何でも食べるということであってはならない。特に多くの人が食べたいものである肉を制限することにより、何が我々のこの広い宇宙の一点である地球に存在する目的なのかということを考えることに仕向けられることになる。

 

これこそがユダヤの食事規範、食事戒律、カシュルートの目的なのです。食べたいものを食べないことにより、食べることだけが我々の人生の目的ではないことを考えるようになる、というのがユダヤの考えなのです。

 

これはまさに茶室の作法に似ています。茶室に入る時には一定の作法があり、しかも好き勝手な姿勢で良いわけではありません。やってはいけないことが茶室の作法の中にはあります。そのような作法に従うことによって、茶の精神の求めるものは何かを考えることが出来るようになるのです。考えてもみて下さい。寝っころがったり、肘をついたり、茶室の中でビフテキを食べたり、酒を酌み交わしたりしても良いということになれば、お茶の精神の求めるものが何かといういうことが理解できるようになるでしょうか。

 

つまり、人は本能の赴くところを自らの意思で制約制限することによってその本能の赴くところよりもより崇高なものが存在するということを知ることになり、勉強することになるというのがユダヤの考えです。

 

まさにこのコメントの方が小学生じゃあるまいしとおっしゃっているように、肉を食べないことにより精神が崇高になるのです。

 

小学生じゃあるまいしそのように思っていないのではなく、ユダヤ人は神の目から見れば小学生かも知れませんがそう信じているのです。だから旧約聖書及びタルムードそしてカシュルートという食事戒律を今でも厳しく守っているのです。
| - | 21:45 | comments(3) | trackbacks(0) |
石角様へ。ユダヤ人はどこまでも冷静沈着に説明されますね。とても具体的でわかり易いです。食べる事も神様との関係で、また精神性の問題ですね。もし自分なら小学生と言われたら、かっとなってしまいますがびっくりしました。ラビ マービントケーヤーさんの本をいくつか30年前に読んだ時の驚きが忘れられません。
| ひろせ | 2011/05/26 1:04 PM |
石角先生
この件に関して私の方から一言。
もしも、このコメントされた方が「肉をもっと食べるべき」と主張されているなら、その方は自ら進んで将来心臓病か癌に罹患されようとしている方と思われます。今や健康に関して世界で一番進んだ米国でも、生活習慣病の予防或いは治療に「食育の改善」が一番重要との認識が広がっています。ご承知かと存じますが、米国のコーネル大の著名な栄養学者、Dr. Cambell、また著名な心臓外科医であるカリフォルニア大のDr. Ornishおよびクリーブランド・クリニックのDr. Esselstyn、更に内視鏡に拠る腸手術を開発されたアルバート・アインシュタイン大の新谷弘実先生らは「プラント・ベースのホール・フード」(植物主体の玄米、全粒粉のような未精製食品)をできるだけ食べ、生活習慣病のもととなる肉類の摂取はできるだけ控えるように説いておられます。数多くの臨床例でもその正しさが立証されています。(日本の厚労省・農林水産省共著の食事バランス・ガイドでも肉の食べ過ぎは良くないとしております。)人の歯の構成をみても、肉を噛みきる犬歯の数は上下左右に一本づつしか無く、植物を食べるための臼歯の方がずっと多いという事実からも、肉を食べるよりも植物を食べる方が人に合っているのだとのことのようです。肉を食べないと力がつかないなどと言うのは大間違い。ゴリラは肉を食べません。実際、私も実行してみたところ、メタボも解消し、非常に体調もすっきりしました。
ユダヤ教徒の方々が「肉は食べない」ということは素晴らしい健康法を、もう何千年前から確立されていたということで、改めてその知恵におどろかされます。いつか「ユダヤ式健康法」なる本を書いていただきたいと存じます。(お忙しければ、せめてセミナー開催でも。)二人に一人はガンに罹患。長寿というけれど、寝たきり痴呆症も世界一の日本では、本当の健康生活(特に食生活)に目覚める必要があります。
以上、どうぞよろしく。
| ××× | 2011/05/26 9:09 PM |
石角氏に質問があります。

カシュルートの規定で
牛肉と羊肉は食べてもいいことに
なっていますが、
人間の都合で
その方が美味しいということで
牛や羊が子供の時に殺して肉を食べると
いうのはユダヤ教では
認められているのでしょうか?

キリスト教社会では
羊は子羊の肉(ラム)を基本的に食べますよね。
またフランス料理などでも仔牛料理などが
有名です。子供の時に殺してしまうと
肉の臭みがない、柔らかいなどの理由で
こういった肉を好む人も多いわけですが、
見方によると人間の自分勝手な理由で
動物を子供の時に殺しているとも
いえるわけです。

ユダヤ教徒の方は仔牛、子羊を殺して
食べる事を認めているのでしょうか?
教えて頂ければ幸いです。
| 松島 | 2011/05/26 11:53 PM |









トラックバック機能は終了しました。