profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 偶像崇拝の禁止(その3) | main | 偶像崇拝の禁止(Prohibition of Idol Worship)(その5) >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
偶像崇拝(Idol Worship)の禁止(その4)
 

天使(Angel)の偶像も作ってはいけない。天使(Angel)を描いてもいけない。

 

よくEuropeに行くと、Europe絵画には羽の生えた天使Angel)が描かれている。この天使(Angel)を描くこと、二次元的あるいは三次元的な天使の像を作ることをJudaismでは禁止している。(Exodus20章第20節)

 

天使(Angel)は神の使いとされているが、その神の使いである天使(Angel)を絵画に描いたり、彫像にしたり、あるいはOrnamentBroochや置物や飾り物など)にしたりすることもTorahは禁止している。

 

結局神の使いである天使(Angel)の偶像を二次元的、三次元的あるいは大小問わず、作ることを認めれば、それは偶像崇拝者(Idol Worshipper)のやっていることと全く同じことになり、Judaismの最も中心の教義である偶像崇拝(Idol Worship)の禁止に繋がる恐れがあるからである。

 

かくして、JudaismSynagogueでは天使(Angel)の絵が描かれるということもない。

 

これに対して、日本は偶像崇拝者(Idol Worshipper)の国であるから、例えば仏様、お釈迦様の他に、観音様、毘沙門天、弁財天、吉祥天、帝釈天、阿弥陀如来、大日如来、薬師如来、弥勒菩薩、地蔵菩薩、不動明王、愛染明王、孔雀明王と多くの像があちこちに描かれ、作られている。

| - | 13:48 | comments(1) | trackbacks(0) |
800万の神(ユダヤ教でいう「トーラーは70の顔がある」、つまりミクラーは無限の解釈ができる。8は日本の聖数。7はユダヤ人の聖数)という概念は、トケイヤー氏は無限の神の広がりという考え方、これはユダヤ教に近い、と書いていますよね。

アイヌのようなアニミズム的宗教に対してはどう考えている(考えるべき)のでしょうか。
| Y.Y.benBarzillay | 2011/09/11 2:04 PM |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/321