profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 偶像崇拝(Idol Worship)の禁止(その4) | main | IraqとJudaism >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
偶像崇拝の禁止(Prohibition of Idol Worship)(その5)
 

指導者の偶像、肖像も作ってはいけない。(Exodus 3417節)

 

RambanRambanとは有名なHebrew Scholar)によると、指導者すなわち集団もしくは国あるいは村の指導者、政治家を神格化してはいけない、と規定されている。これは例の有名なGolden Calf事件が象徴している出来事である。

 

Golden Calf事件というのは、Mount SinaiMosesが神から十戒を授かって来るのにMoses40日も山の上に上がっていたのを待ちきれず、麓で馬鹿なJewishどもが指導者Mosesの代わりに金の牛の銅像を作ってそれを崇め奉ったのに神が怒り、その馬鹿なJewishどもを全て抹殺したという話である。

 

このことから集団の指導者を神格化することをJudaismでは非常に危険視し、指導者の彫像、肖像、銅像、画像、映像をいかなる形でも作成し、複製し、それを崇め奉ることを禁止している。これがExodus3417節である。

 

現に現代に於いても、というよりも現代に於いてこそ、 色々な国で指導者を神格化し、崇め奉るように仕向ける政治家及び官僚達が跋扈し、国民に苦難と犠牲を強いている独裁者達が多い。どこの国とは言わないが、そのような国が多いことは日本人も知っているところであろう。

 

そのようなことをすると(そのようなこととは、指導者を偶像化し神格化すること)結局は国民が不幸になるということをこのHebrew BibleExodus34章第17節は知り抜いているからこそ、指導者の神格化、偶像化を禁止しているのである。

 

例えば日本国憲法に於いてそれまで軍国主義日本が天皇を神格化し、その為に現人神として軍に軍事目的で利用されたことに鑑み、天皇の神格化を否定したのはこのJudaismの教義である偶像崇拝禁止(Prohibition of Idol Worship)の現われであると言える。

 

このように言うと多くの日本人は、根拠もなくJudaismを美化するKanji Ishizumi の作り話だと思うかも知れないが、どっこいそうではない。

 

実は日本国憲法をMacArthur民生局に於いて中心となって書き上げたのは民生局で働いていた若きHarvard大学法学校出身のJewish Charles L. Kades大佐であった。

 

彼は偶像崇拝禁止(Prohibition of Idol Worship)、つまり現人神天皇から人間天皇への憲法規定である第1条、差別され続けてきたJewishの民族としての強い願望である人種差別禁止規定の憲法第14条、法の下に於ける平等、男女平等、皮膚の色による差別の禁止、宗教の自由、信仰の自由を高らかに謳い上げ起草したのはJewishKades大佐であった。

 

彼は、その当時America諸州に於いては人種差別、黒人差別、Jewish差別が平然と行われていたどころか、むしろ州法化されていた時代である1940年代に、何と自分の母国であるAmericaよりも何歩も先んじて人種差別禁止を高らかに謳い上げる憲法草案を起草したのである。そしてこの偶像崇拝の禁止を人間を神格化することにより軍国主義者達の目的に利用されることを徹底して排除する為、憲法第1条を規定したのである。

 

これは明治憲法の第3条(天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス)と違い、天皇の神格化を明確に否定したものであり、これこそ正にJudaismの偶像崇拝禁止(Prohibition of Idol Worship)の一つの大きな目的=集団指導者の偶像化、偶像崇拝化禁止(Prohibition of Idol Worship)であると言っても過言ではない。

 

この明治憲法の第3条の規定こそIdol Worshipそのものを憲法化した国として歴史の中でいつまでも語られるであろう。「神聖にして侵すべからず」とは正にIdol Worshipそのものを国民に明治憲法が義務として命じたものである。まさにJewishの思想と正反対の極地である。America Europe諸国の憲法で生きた人間をIdol Worshipせよと義務化したものがあるのか?

 

明治憲法の第3条にいう「神聖」とは正にHolyという英語の訳になり、それは読んで字の如く、また使われている漢字の如く神であると言うに等しい。明治憲法第3条はIdol Worshipを明文の憲法で規定した人類史上最初にして最後の憲法であり、日本人がこのような憲法を持ったことをJewishであるKanji Ishizumiはある言葉でしか表現できない。敢えてここにある言葉を記述はしないが・・・・・ そして、この明治憲法こそ日本が太平洋戦争を始めた時の憲法である。

 

 そう考える時、JewishIdol Worshipの禁止(Prohibitionの意味が今さらながらに偉大なものであることが分かるだろう、日本の諸君。
| - | 02:16 | comments(13) | trackbacks(0) |
ユダヤ教では、つまりユダヤ人は、ユダヤ教徒にならなければ神に近付くことはできない、などとは考えないが、キリスト教徒はこのタルムードの一節にまずしょっぱなからつまずくのです。
そしてキリスト教徒の言う「神を信じるという」行為そのものが、まず勝手な神を心の中で創造し、それを確信して、それを異教徒やユダヤ人に強制してきたわけですから、これは不合理、危険極まりない行為だと思えるのですが。「信じ」なくとも神と接する機会がある、これがユダヤ的であるということになるのでしょうか?

ノアの子のミツヴァー(&#1513;&#1489;&#1506; &#1502;&#1510;&#1493;&#1493;&#1514; &#1489;&#1504;&#1497; &#1504;&#1495;):
1.偶像崇拝の禁止 -
 ユダヤ教、つまりユダヤ人が、何ゆえキリスト教という偶像崇拝の異端を認めなければいけないのか。様々な意見を持つ個人の集団、民族であるユダヤ人の誰がどのように「認めれば」良いのか。ラビA、ユダヤ人Cが認めてもラビB、ユダヤ人Dが認めないかもしれない。
2.神の悪口の禁止
3.殺人の禁止
4.不道徳な性行為の禁止
5.盗みの禁止
6.生きた動物から生肉を食べることの禁止
7.正義を追求する司法体系を構築する
 「正義を追求する司法体系」がラビの権威であり、タルムードはその所産です。

私を嘲笑し、侮蔑してきたキリスト教徒への反論として書いてみました。


また、いつも思うことなののですが、石角さんはコメント欄で他のユーザーへの返信など何かされてもいいのではないのでしょうか。
| Y.Y.Benbarzillay | 2011/09/19 7:36 AM |
偶像崇拝に関してのご考察は大変参考になり
学ぶところも多いのですが、
憲法に関してのご意見は納得しかねます。

第一次世界大戦後、1919年1月に開かれた
ヴェルサイユ会議(パリ講和会議)において
アメリカのウィルソン大統領の提案による
国際連盟の設置が決まりましたが
その際、設立の規約に「人種差別撤廃条項」を入れることを提出し、
強く主張したのは戦勝国だった日本が世界で最初です。
事前の根回しで会議では賛成多数だったにもかかわらず、
この法案に限って
「全会一致でなければ無効」を主張したのはアメリカです。
そのためこの法案は流れてしまいました。
それはそうでしょうね。
賛成多数ではあったものの、欧米列強にしてみれば
アジアを侵略して得た植民地を失う可能性も含んでいますし
アメリカにおいても国内の黒人差別問題もあるし
東洋人の完全排除を決定し
ヨーロッパからの移民の制限も検討中だったのですから。

明治憲法で天皇を神格化することなんか
規定されていませんよ。
何も現日本国憲法で規定されずとも
本来、天皇は「日本国の象徴」の時代の方が長いのです。
でなければ日本の歴史に
「幕府」なんてものあったはずがありません。
「神聖にして侵すべからず」の意味は
歴史的事実はどうあれ、建前として
初代の神武天皇から続く地位を
簒奪するものがあってはならない
ということを憲法として明記したにすぎません。
神として崇拝せよなんて、どうひっくり返しても
私にはそんな解釈出来ませんけどね。

その明治憲法の中ですら
天皇は政府の決定を承認・非承認することしかできず
政策を立案して命令する権限はなかったのですよ。

戦後マッカーサーと昭和天皇の会見写真が新聞に載り
人間宣言をしたとされていますが
そんなこと昭和天皇は一言も口にしていません。
それはGHQとメディアが考えたシナリオであり
それに乗っかった天皇嫌いな連中の妄言です。
そもそも天皇自身が自分を神だなんて思ってないのですから
人間宣言も何もありませんよ。
昭和天皇自身も戦前(戦後ではありません)に
「自分は天皇機関説でよいと思う」と述べています。
つまり統治権は国家のものであり、天皇はそのワクの中での
最高の機関として統治に携わればよいということです。
ただ、当時の日本人の中には明治憲法を強引に解釈して
天皇が現人神でなければ困ると思った派閥がいたのは
間違いないでしょうけどね。

太平洋戦争と天皇の存在は、私が思うに
直接の因果関係はないと思っていますが?
中世ヨーロッパじゃあるまいし
バチカンが示唆したような十字軍と違って
別に天皇が大陸や東南アジアへ進出することや
真珠湾を攻撃することを命じたわけではありません。
一方的に日本が侵略戦争を始めた
極悪非道のとんでもない国であるかのようなご意見は
いかがかと思いますが。
| masa | 2011/09/21 2:58 AM |
続けての投稿お許し下さい。
Y.Y.Benbarzillayのキリスト教徒に関するご意見に
大いに賛同いたします。
彼らはどうも、神の教えを理解しているのは
自分達だけだと思い込んでいるようですね。
そういった考えが根底にあるから
インドや東南アジアを植民地としたことに対しても
いまだ何の罪悪感もないのでしょう。
しかも彼らのやったことといえば
植民地の人達に教育も与えず、技術を教えることもせず
新たなカーストを作り、搾取しただけです。

日本にもキリスト教徒と呼ばれる人達がいますが
なぜイエスをメシアとして認めることができるのか。
また何故、神の子として受け入れられるのか。
しかも自分達に都合のよい理想化された存在として。。。
いまだ私には大きな疑問です。

さらに驚くのは自分の宗教以外では救われない
つまり異教徒は地獄行きと思ってることです。
これはキリスト教に限ったことではないかもしれませんが
そんなのは「救いの独り占め」に他ならない。
彼らにとっては、ユダヤ人はもちろん私のような日本人も
キリスト教徒とは違う異質なもので目障りなのでしょうかね。
おっしゃる通りTNKのことを一番分かってるのは
ユダヤ人に他ならないと私も思います。

神は宗教が何であるかは問題にされない
正しい人に神は報いるのだ、というユダヤ教の考えを
私は非常に尊敬をしていますし、影響を受けています。
そして、とあるラビの意見も参考にした上で
私は日本人のまま、日本人のやり方で
神を恐れ敬うことを選びました。
そのラビは異教徒はノアの子の7つのミツヴァを守れば
それで充分であると述べています。

あと日本は反ユダヤ的とのことですが
親ユダヤの人もたくさんいます。
TNKを平気でキリスト教徒による蔑称である
「旧約聖書」と名付けて販売したりする
無神経なところもありますがお許し下さい。
多くの日本人にとっては
「聖書=キリスト教=西洋のもの」であり
あまり身近なものではないのです。
どうか今しばらく寛大な目で見てやってください。
| masa | 2011/09/21 11:50 AM |
 イエス は ユダヤ人・ユダヤ教徒 ですので ユダヤ を否定するキリスト教徒は誤解している
 また同様にキリストを否定するユダヤ教徒も誤解している

 歴史背景を考慮せずに教義だけをそのまま盲信し自己満足に浸る為に宗教を隠れ箕にするのであれば侮蔑されても文句は言えない

 個人を尊重する事と排他的である事を取り違えている人が多いのは残念な事です。
| Airam | 2011/09/26 6:46 PM |
「イエスはユダヤ人・ユダヤ教徒ですので、それを否定するキリスト教徒は誤解している」

しかし、「イエス」のフィクション性が非常に高かったり、もしイエスが存在しなかったとしたら、この話すら成り立たなくなります。ユダヤ教文献にイエスが登場しないのですから、どうにもならないのではないでしょうか?(ごくわずかに登場してもキリスト教徒に反応したような格好で、明白ではない)

ユダヤ人、ユダヤ教は決して「イエス」から自己を定義することはない(口にすることすらしないものもいる)、というのがポイントであると思います。「イエス」はユダヤ人のために来たのではなく、初めから異教徒のために来た。これを「新約聖書」本文から導いた者もいます。



一番残念で、危険なのが、置換神学(replacement theology)を信奉するキリスト教徒がいまだ存在するということでしょう。イエスがユダヤ人のために来たとか、イエスを拒否したため、非難攻撃され、低い地位へ貶められるようになった: 「ユダヤ教」はモーセがシナイ山で預かった古い宗教で、ユダヤ人により入念に維持されてきたが、イエスが登場した時点でその宗教を「完成し」、成熟させた; ユダヤ人は何が起こったかを介せず、頑迷に時代遅れとなった宗教に固執し続けている、という人種差別神学で、キリスト教徒は実際に、差別し、誹謗中傷し、極悪非道の廉による指弾を行い、殺害してきました。

キリスト教とユダヤ人は、人口比にしても七十対一となります。これだけを見ても決して「公平」ともいえないでしょう。そして両者が対話を開始したのもごく最近のことです。

> 侮蔑されても文句は言えない
歴史的に反ユダヤ主義者はそう主張してきました。


私を攻撃してきたキリスト教徒は、中世的反ユダヤ主義の博物館のようでした。「ユダヤ教文献は読んだことがない。知らない。いくら新たな学問的事実が出てこようとも、考古学的発見があろうとも、どれだけ私より優れた研究者がいようとも不要だ。私には不要だ。だからお前のような人間の屑にも、これからの全世界の全ての人にとって不要だ。そして人生を捨て、キリスト教に改宗せよ」という彼のコメントは、ただ自分の知らないこと、見たことや聞いたことがないものを否定するだけの暴論のように思えました。
| Y.Y.Benbarzillay | 2011/09/27 4:56 AM |
キリスト教徒は「新約聖書」により「旧約聖書」(蔑称)が

私を攻撃した人物も、「旧約聖書しか知らない」と侮蔑しました。


ユダヤ人は、つまりユダヤ教徒は「タルムード」及びラビの権威のよって完成される、補完されると考えます。


反ユダヤ主義はキリスト教教義に組み込まれ、初めから存在する。ユダヤ人によって殺害されたキリスト教徒はいないが、キリスト教徒により数え切れないユダヤ人が殺されてきた、というのがユダヤ人の意見であると思います。二級市民、二級の信仰者、遅れたもの、「キリストが到来するまでは救われない者」と考えられてきました。



質的な違い、私の疑問点は、ユダヤ人は自動的にユダヤ人となるが、キリスト教とは「信仰を受け入れる」ことによりキリスト教徒となるということです。
| Y.Y.Benbarzillay | 2011/09/27 6:45 AM |
> キリスト教徒は「新約聖書」により「旧約聖書」(蔑称)が.....
途中で文章が切れました。

キリスト教徒は「新約聖書」により「旧約聖書」(蔑称)が「完成」「凌駕」(凌ぐもの)される、と考える。キリストはアブラハムにとって代わられる。ユダヤ人、つまりユダヤ教徒にとっては、タルムードをはじめとしたラビ文献の伝統によって完成される。
-----
 「成文トーラー、口伝トーラーは、基本的にはユダヤ人のみを義務付けるものだ。地上のほか国民は、自然法と族長たちの宗教を守るよう命じられている。
自然と理性の宗教に従って自分たちの性を歩む人々は「義なる異邦人」 であり、永遠の救いの子らである。もし、私(モーゼス・メンデルスゾーン)の同時代に孔子やソロンがいたなら、私は一貫して自分の宗教原理に立ちながらその偉人を愛し、称賛することができたであろう。孔子やソロンを改宗させようなどというばかばかしい考えが私の中に浮かぶこともなかったであろう。…
私が思うに、この世で人を特に導いたような人であれば誰であれ、来世で地獄に陥るようなことはあり得ない。
 (モーゼス・メンデルスゾーンの、1769年のキリスト教牧師による挑戦に関してのコメント。ノーマン・ソロモン「ユダヤ教」.p.82を参考)」

ユダヤ人は最初からキリスト教徒(それが凌駕するとか、メシアであるとか考えない限り)とすみ分けていたのです。


「改宗を強制しない」「異邦人の改宗を望まない」から、「改宗者を受け入れない」に変化してしまったのでしょうが、改宗の頻度に関しては、時代により違いがあるようです。石角さんの姿勢は、「現在の超正統派の雰囲気」ではないでしょうか?

神と信仰に関しては、「アヴラハムが一つの神を選んだ(見出した? 選ばれた?)」というものから、「神についてはないもわからない」という神学まで、いろいろあるようですね。


このキリスト教徒は、恐らくラビ文学と新約聖書の比較研究などを知らないのでしょう。
時にキリスト教徒は、ユダヤ人から見れば違和感のある行動をとることがあります。
| Y.Y.BenBarzillay | 2011/09/27 12:33 PM |
「イエスはフィクション説について」

 当時のユダヤ教からこぼれてしまった貧しい女性や異邦人を救済する為に実在した(捏造した)のかもしれない可能性は現時点で否定も肯定もできない

ユダヤ人である前に一個人の信仰を第一に考えるべきです
| Airam | 2011/09/28 9:01 PM |
なるほど。いずれにしても、現時点の研究・対話段階ではまだまだ不十分でしょう。
近代聖書学的な方法が両者の関係の研究にぴったりだと思います。聖書本文を「信じ」、聖書本文から人種差別神学を導くなどもってのほかの古臭い方法だと思います。

22世紀・23世紀にはユダヤ教・キリスト教関係はどうなっているでしょうか? キリスト教徒はどれだけユダヤ教・ユダヤ人のことを知っているでしょうか?


不思議なのは莞爾さんから何のコメントもないということです。
| Y.Y.BenBarzillay | 2011/09/28 9:55 PM |
「侮蔑」部分の欠点のみをあげつらい全てであるが如く批判し偏見を貼る事で己れの無知を覆い隠す行為であると考えている
富士山を登る際に山梨からか静岡から登るのかは問わない
頂上を登る目的が同じであれば良いのではなかろうか
途中で休む人や麓にいる人を侮蔑する人はいない

コメントが欲しければまずコメントを自ら提示するのが良いと思う
| Airam | 2011/09/29 10:48 AM |
> Airam
具体的に誰に対し、何をおっしゃりたいのかわかりません。

あなたは、新約聖書本文に組み込まれた反ユダヤ主義や、私を攻撃した人物の中世的人種差別神学・置換神学に賛成だということですね。

このキリスト教徒は、一つの民族、ユダヤ人共同体の過去・未来全体への重い責任があるのです。無論このキリスト教徒が日本・世界のキリスト教徒全体であるといは言っていません。
| Y.Y.Benbarzillay | 2011/09/29 12:48 PM |
Y.Y.Benbarzillayさん

私は「旧新約」の言葉をここでは使ってはいない
一般には歴史的に「前後約」という意味で使われているのだと捉えていますが

鵜呑みにしてはならないとは言いました

本音では「聖」ではなく「清」の文字をあてたいのですが
日本では「六根清浄」という概念があるからです

置換神論という概念も私にとっては論じる資格は私には無い
否定も肯定もできない

イエスをどう捉えるかも個人の自由で強制する事ができない

イエスをメシアと信じる人からすればいないとすれば冒涜にあたり
ユダヤ教徒からすればイエスの存在を認める事は冒涜にあたる

私がイエスの話を持ち出したのはその誤解しているキリスト教徒がイエスの実在を認めメシアと信じていたとして思考したとしてもユダヤ人を否定侮蔑するのは筋違いだと思う説明をしたのです

神の名をみだりに唱えるな

を厳守すれば「イエスさま」としがみつくキリスト教徒は律法を犯す事になる
私も聞いていて違和感を覚えます
| Airam | 2011/09/29 6:12 PM |
なぜ、キリスト教はイエスを信じるのか?自分のなかでは、全くの理解不能です。今のところ私も、とあるJewishの方に教えてもらったノアの七戒を守るだけで十分と考えております。全然勉強不足ですが。私は天皇制に関しては、グレーだと思います。良いとも悪いとも言えません。歯切れが悪いですが。
| toshio | 2018/07/23 3:45 AM |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/322