profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 6.Kashrut  ユダヤ教の食事戒律 | main | 8.What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?  ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
7.Jewish Laws (except Kashrut)  ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
Ethics of Fathers/Reagan大統領が引用したHebrew Bibleの一節 5/18/14
君はそれでもJewishか 3/26/14
 汝 盗んではならない(8th of ten commandments )  Fast of Esther 3/21/14
Shabbatの日に飛行機に乗るということは 3/17/14
病人の見舞い 1/8/14
As you get older, you need people, not dollar. 12/2/13
Secularization 9/23/13
Digital Detox 10/30/13
Bikkur Cholim、An essential Mitzvah 9/16/12
What was for fasting? 8/4/12
George Bernard Shaw and Rabbi Moshe Cordovero 8/1/13
ユダヤ人の独創性と安息日の関係について 5/15/13
ユダヤ教は実践宗教 5/11/13
ユダヤ人は安息日が故に生き延びてきた。 4/28/13
Spiritual reform 4/21/13
Titanic and Jewish Foundation --- Just for this. Never mind ? 3/21/12
Yom Kippurが最も聖なる日か? 答えは「否」である。 10/3/12
Yom Kippurの祈り 10/1/12
今日の夜はYom KippurのKol Nidre 9/26/12
Life is not perfect 8/24/12
読者からのCommentというか質問がありましたのでお答えします。→「割礼とShaving」に変更 7/26/12
Sabbatical 6/15/12
自由意志と戒律 5/5/12
Judaismでは煙草は「緩慢なる自殺」として神が禁じている。 2/22/12
動物実験とJewish、得をするJewish、損をする日本人 2/13/12
石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible 「定住農耕民としてのJewishの戒律 - Devarim」 5/31/12
私の住んでいるスウェーデンからニューヨークに来て早3週間になる。 3/1/11
読者の質問がありましたのでお答えします。 1/18/11
613の戒律と病人の見舞い 1/11/11
読者からの質問があったのでお答えします。質問というか批判ですね。「ユダヤ教の理解しがたいところの一つとして聖別というものがある。」という批判でした。 11/18/10
私が講演したある財界人のセミナーの参加者あてに送った礼状 10/4/10
自分の家に泥棒が入った。捕まえてみると非常に貧しい男でその日の食べ物にも困っていた。この泥棒に対して警察に突き出さないで食べ物を与えるべきであろうか? 3/23/10
ユダヤ教と知識のバランス 1/7/10
What you haveではなく、What you are を重要と考えるユダヤ人、その逆の日本人‥‥ 大損をする日本人 12/16/09
Measurableな世界からUn-measurableな世界へ〜安息日の意義 (その2) 9/30/09
日本政策投資銀行金融セミナー (その6) 6/29/09
ユダヤ教講座(第4回)・その7 6/20/09
| 7.Jewish Laws (except Kashrut)  ユダヤ教の戒律(食事戒律以外) | 22:33 | comments(1) | trackbacks(0) |
こんにちは。石角様。僕は以前、エルサレム旅行した際にメア・シェリーム地区の本屋にて「NOAHIDE LAW」という、人として守らなければならないという戒律を定めた書籍(英語版)を、購入しました。興味を持ちまして、アメリカのASK NOAH INTERNATIONAL(ルバビッチ派なのでしょうか?詳しくは聞きませんでした)という団体からも書籍(英語版)を購入しました。そしてメールで何度か、つたないながらもやり取りもしました。ただ、当方英語が大変苦手で、辞書を引き引き少しずつ読んでいる感じです。日本語訳はないかと思いましたが、日本国内では「NOAHIDE LAW」に関する和訳の書籍が存在しない状況です。もしよろしければ、NOAHIDE LAWに関しまして、お知りになっている範囲内でかまいませんので、お聞かせいただければ幸いです。もしお知りではないのなら、すみません。それでは、失礼致します。
| toshio | 2014/12/06 7:01 PM |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/569