profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism? 何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか? | main | 29. Others その他 >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
28. Comments from Blog readers ブログの読者からの反応
日本には議論出来る場がない。    8/21/15
読者からの質問について    1/10/15
読者からの質問について    1/9/15
読者からの質問について    8/22/14
読者からの質問に対して    7/8/14
読者からのコメント紹介    7/1/14
健康食品、サプリメント、ユダヤワイン等の入手をご希望の方    5/22/14
新聞記者からの問い合わせに対する回答    5/15/14
読者からのCommentに対して   3/6/14
読者からのコメント 7/2/13
「TOPPOINT」のBest seller4位に選ばれたことについて読者からのCommentがありました。 1/19/13
ラジオ番組について 読者からのコメント 1/18/13
読者からのCommentがありましたのでお答えします。 12/6/12
「Give up everything you have now. Then, you could be a founder/pioneer for a new thing.」 読者からのコメント 11/18/12
「Give up everything you have now. Then, you could be a founder/pioneer for a new thing.」 読者からのコメント 11/17/12
読者のCommentにお答えします。感情的な日本人、論理的な西洋人 11/11/12
「Kodakはなぜ倒産したか。Inner DiversityとOuter Integrity」読者からのコメント 01/11/12
「iPS細胞の将来に対する不安」読者からのコメント 24/10/12
「iPS細胞の将来に対する不安」読者からのコメント 22/10/12
読者からのCommentがありましたのでお答えします。 10/4/12
読者からのコメント「日本人はなぜ無宗教といいたがるのか」 7/27/12
読者からのCommentというか質問がありましたのでお答えします。→「割礼とShaving」に変更 7/26/12
「What you haveではなく、What you areを重要と考える ユダヤ人、その逆の日本人 大損をする日本人」読者からの感想(その2) 7/18/12
「What you haveではなく、What you areを重要と考えるユダヤ人、その逆の日本人 大損をする日本人」読者からの感想 7/12/12
「Is Ozawa demolishing Tower of Babel?」読者の反応 7/10/12
日本では何故Liberal Arts教育が出来ないのか(その9) 読者からの反応 7/4/12
「女性の地位と日本の後進国性」読者からの反応 6/20/12
私がメルマガで、ある私のメルマガの読者のe-mailを全員に転送しますと 4/15/11
問答無用の日本人、問答有用のユダヤ人 「ユダヤ人国際弁護士が教える天才頭脳のつくり方」を読む 4/20/09
ユダヤ教の勉強をしたい人へ 1/1/09
| 28. Comments from Blog readers ブログの読者からの反応 | 22:53 | comments(1) | trackbacks(0) |
石角 完爾様

 はじめまして。
 都内で会社員をしている内田聖人という者です。「ぱくす・じゃぽにか13」というブログで、批評よりも可能な限り建設的な提案を、と試みております。
 以前よりラビ・M・トケイヤー氏の著書などを読み、石角氏の著書を一読して「ああ、この人は本物のユダヤ人だ」と感じていました。
 さて、本日書店で新著を見かけ手に取ったところ、TPPについて手厳しく書かれていたので、以下の質問が浮かびましたのでコメントすることにしました。

 イスラム諸国に三方を囲まれ、地中海にわずかに開けた地政にあるイスラエルでは、自由貿易と普遍的食糧安保についてどのような戦略を描いているのでしょうか? 植物生産工場の開発と合衆国や欧州との貿易ですか? 気候変動のリスクをどう政策に織り込んでいますか?

 ユダヤの流儀にならって、まずは私の考えを述べます。 
 古代ローマではポエニ戦争以後、主食の小麦の生産は採算が合わず、属州であるシチリア、エジプト、サルディーニャからの輸入でまかない、リスクを分散しました。これは私財を貴金属や絵画、債権、株、土地などに分散して投資・管理するユダヤ人の流儀にも通じていて非常に合理的です。

 一方、自由貿易は、国境を超えた生産やサービスや消費の共有化という意味では不可避な流れだと思いますが、自由貿易による関税撤廃には、
|狼經超に優しくない企業や製品へも報酬を与える代替不能な食糧を市場原理に委ねて安価な食糧を生産できる地域に集約するのは、更なる気候変動が予想される現在、地球規模での干ばつや冷害へのリスクを無視しており、人類全体の破滅のリスクを高める、という面が否定できないと思います。
 
 ゲーテは「ローマ史を読むのなら、皇帝になったつもりで読め」と言っています。
 そこでもしも私が「ユダヤ系のローマ皇帝」ならば、TPPに賛成か反対かの二者択一ではなく、以下のような制度(Crear Blue Sky Partnership)を世界に提案するのが合理的だと思うのです。

仝饗Г箸靴憧慇任鬚覆す自由貿易を推進する。
地球環境に与える負荷に応じて関税を設定する。
△隆慇納入を集め、地球規模で自然エネルギー研究や食糧生産の手段と場所の分散に投資する。
た糧工場やバイオ製品、海水の淡水化プラントなどは関税をゼロにして成長産業化を促し、地球規模での食糧・水危機に備える。
ゾ来の人類全体の人口の増減と気候変動を予想、最悪のシナリオを立てる。
人類の存続に必要な食糧(栄養分)の種類と量を割り出す。
Р甬鄒蘿間の気候変動を調査し、同時に干ばつや冷害などの被害がなかった地域に、必須食物の生産を分散。その地域の生産者に開発と生産維持のための資金を与え、市場原理による淘汰から守り、食糧危機に備える。
┝由貿易の障害となる陸海空・宇宙での国際法を無視した武力などに基づく占領行為などを禁止する。
┐飽稟燭垢觜颪寮源妻には高い関税を課す。
知的所有権の保護を強化する。

 こういう考えは、ユダヤ人の考え方からすると合理的でしょうか? TPPは平時の気候が永続する場合にしか有効ではないのでは? そもそもすべてを貿易に頼らねば生きていけないシンガポールのような小国の願望を、すべての国々の共通の制度にするのは不合理では? 安価な製品やサービスや食糧(市場原理)は、青い空や森や命より重要でしょうか? イスラエルではどのような方向に向かおうとしているでしょう? 石角さんのお住まいのスウェーデンでは?
 ご教示頂けたら幸いです。

| 内田 聖人 (うちだ きよと) | 2013/04/18 11:23 PM |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/590