profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Pope Francis's visit to Rome Synagogue | main | ついに言ったか。 >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
David Bowie/Lazarus
David Bowieが死の直前にReleaseしたSingle 盤及びMusicalのTitleが実に意味深い。象徴的で議論を呼ぶ名前「Lazarus」となっていることはJewishの間でも大きな話題となっている。
 
「Look up here, I am in heaven」とDavid Bowieが歌うが、Lazarusは新約聖書の中に出てくるChristによって蘇らされた男である。
 
Jesus ChristがJerusalemの近くにあるBethanyという町を訪問した時にLazarusの妹MaryがChristに駆け寄って
 
「どうして4日早くこの町に来てくれなかったのですか、Christ様。そうしたら私の兄弟Lazarusは死ななくて済んだのに。」
 
とChristに懇願したのである。
 
これを聞いたChristは彼が葬られている墓の前に行き、柩に向かって「蘇れ」と言ったところ、彼は死から蘇ってこの世に戻って来たという。この男がDavid BowieのSingle盤及びMusicalのTitleになっている「Lazarus」である。
 
そこでDavid Bowieのこれが彼のChristianityに対する宗教心を表すのかどうかということが話題になっていると同時に、我々Jewishの間では、このLazarusがChristによって蘇らされたこと自体がChristianityとJudaismとの大きな対立に発展していった、まさにその当の本人がLazarusであったことに、そしてDavid BowieのSingle盤及びMusicalがその「Lazarus」というTitleを冠したことに驚きを隠すことは出来ない。
 
何故ならLazarusの蘇りこそ当時のJewish達の間でJewish達を二分して対立するきっかけとなったからである。
 
あるJewish達のGroupはそれを見て「Jesus ChristこそMessiahの到来である」と思いJesus Christの信仰に走り、他のJewish達のGroupはJewishの長老に「邪教が現れた、Messiahを騙る邪教が現れた」と訴えたからである。
| - | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/949