profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Dorosh Darash | main | 「NEW LEADER」2016年5月号をご覧下さい。 >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
Parashat Vayechi -- last Parashat of Genesis 人生を根本的に変えるには何が必要か。
Parashat Vayechi -- last Parashat of Genesis
人生を根本的に変えるには何が必要か。
 
 
多くのJewishTorah の最初の第1巻Genesisの最後のParashatParashatというのはJewishが毎週読み進むべきMoses五書の箇所を言うのであるが、Genesis 創世記の最後のParashat Vayechiに書かれているところから人生を根本的に変えるHintを教えてもらうのである。
 
それではParashat Vayechiにはどのようなことが書かれているのか。
 
それはJosephの父Jacobが死ぬ間際になってその息子達に一人一人、その息子達の今後に対し辞世の言葉をさずけるのであるが、そこの中にJewishが人生を根本的に変えるHintが隠されており、多くのJewish達はその中から人生を根本的に変えるHintを教えてもらうのである。
 
Jacobは自分の第一子であるReubenを呼び寄せて次のように
 
「お前は私の最初に生まれた子だ。ならば私の力強さと私の活力全てを第一子であるお前が持つことになり、しかも子供達の中では第一Rankに位置する最高の力を持つ子供である。」
 
と言って持ち上げたところで、Reubenをいきなりこき下ろすのである。
 
「しかしお前は水のようにあっちにフラフラ、こっちにフラフラする。それどころか、水はどこでも流れるように全く注意深く物事を考えるということがない。不注意でせっかち。何かの行動に及ぶ前にその行動によってどういう結果が起こるかということを考えずに行動に移ってしまう。従って、お前は私の第一子でありながらその資格がない。従って、第一子であるその地位は弟であるJosephに与えるものとする。そして族長の地位は弟であるJudahに与え、そして司祭の地位は弟であるLeviに与える。」
 
Reubenに言い放ったのである。
 
次にJacobは二男と三男のSimeonLeviを呼んでこのように言った。
 
「お前達は戦士の素質がある。すごい武器を持って生まれている。
 
と褒め上げたところでハチャメチャにこき下ろすのである。
 
「その武器というのも盗人の武器だ。盗んできた武器だ。そしてお前達は陰謀を張り巡らせて私の魂を足蹴にした。私の跡を継ぐのは相応しくない。しかしLeviお前は神の使いとして宗教儀式を担当しろ。しかし国を治める資格はない。」
 
次にJacobJudahを呼び出してこのように言った。
 
Judah、お前はLionの子供だ。」
 
次にJacobJudahに向かって言う。
 
Judahよ、お前は3人の兄達と違う。お前は子Lionだ。Lionの子供だ。大きくなってLionになるということはJewishLeaderになるということだ。」
 
JewishのことをJew、あるいはJudahiteあるいはYehudiと言う。つまりJudahJewishLeadershipをということをJacobはここに宣言したのである。
 
Judahの上に王位は輝く。そしてJudahの子孫の上に王位は存在し、この世にMessiahが現れる時までJudah王位は続く。」
  
次にZebulun

「お前は海に進出しろ。そして海岸地方を治める。海に進出するということは通商貿易で栄えろ、そしてJudah王国に豊かさをもたらすのだ。
 
いくらTorahの勉強が必要だと言っても腹が減ってはTorahの勉強は出来ない。その為には食料を確保する必要がある。それがZebulun、お前の役割だ。海に進出して食料を確保しろ。通商航海で食料を確保し、富をJudahにもたらせ。」
 
次にIssachar

「お前は骨の強いロバだ。国境警備に専念しろ。そしてその力強いロバの力で畑を耕し農業に従事しろ。土地を耕すと同時にJewish達の精神も耕さなくてはならない。つまり農業を通じて人々の心を豊かにする。それがIssacharお前の役目だ。日々働くことに喜びを見い出せ。」
 
 
  次にJacobDanに向かって言った。
 
DanIsraelの人々を守る防衛の役割を任じよう。Danは蛇である。道に隠れて敵の足に噛みつけ」
 
JacobDanに民族防衛の役割を与えた。
 
 
人生を根本的に変えるには何が必要か? 読者の皆様は以上のJacobの言葉からその共通項を見出してもらいたい。
       
 
| - | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/952