profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 世界で最も眺めの良いSynagogue | main | 読者からのコメント >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
良かった、EU離脱。大変良かった。でかしたぞ。

元々イギリスはEUでありながら通貨はPound。歴史を振り返っても大陸Europeとイギリスは全く違う。むしろ大陸Europeとイギリスは敵対していた。大陸EuropeからRome軍が攻めて来た、Hitlerが攻めて来る。Napoleonはイギリスを苦しめた。
 
NorwayはEUに入っていない。Swissも入っていない。
 
最近見てみると、Norway、Swissの経済は絶好調、Innovation 続々で国も最高に豊か。
 
こうなって来るとEUに入っているから足を引っ張られるのだという感情をイギリス国民はずっと持っていました。EUに入っているから税金が高いのだと思っていました。実際イギリス政府はEUに莫大な拠出金を毎年払っています。EUに入っているからBrusselsのEU官僚どもの作った法律をイギリス議会で作った法律でないのに国内適用させられる。「なんでそんな馬鹿なことが独立国家であるんだ!」とイギリス国民は思っていました。
 
EUに入っているからEuropeの田舎から職を求めてイギリスにどんどん入って来る。LondonのOxford StreetにはEuropeの田舎者が溢れている。Londonの地下鉄やLondonの市Busの中では英語が全く聞こえない。話されていない。国民皆保険のイギリスの医療制度の恩恵になんで彼らが、Europeの田舎者があずかるのか。彼らのお陰で医者のAppointmentも2ヶ月待ちだ。
 
とまあ、こんなことで離脱になったのではないでしょうか。
 
私は離脱した方がイギリスはInnovativeな国になると思っていました。そのうちPoundも戻って来るでしょう。
 
Jo Cox議員を射殺した異常者、犯罪者が裁判所で裁判官に「君の名前は?」と聞かれて「My name is "Death to traitors, freedom for Britain"」と言い、怒った裁判長が「もう一度名前を言え」と聞かれても「My name is "Death to traitors, freedom for Britain"」
 
イギリスの中心地London、そのLondonの中のInter circleのCity of Londonの構成員Freemanに選出されたユダヤ人石角完爾として、このイギリス国民の決断に拍手喝采。City of London構成員石角完爾はイギリス国民の勇気に拍手、拍手、拍手。
 
イギリスはやがてIsraelと並ぶInnovation大国として蘇るだろう。
 
どこかの国の首相官邸では株価Boardを持ちこんでその表示に首相が一喜一憂しているという。株価内閣の国とはイギリスは大違いである。株価内閣の国の国民とはイギリス国民は大違いである。株がどうなろうと離脱した。
 
「捨てろ、捨てろ、何もかも捨てろ。そして出来るだけ遠くへ行け。」このユダヤ人のHebrew Bibleの言葉こそIsraelが今Innovation大国として君臨している根源である。イギリス国民もついに「捨てる」決断をした。イギリスはいずれInnovation大国として世界に輝くであろう。
 
何故日本からInnovationが生まれないのか? それは安倍をはじめとする政治家の発する言葉を考えてみたらすぐ分かる。「捨てる」ことを全く言わない政治家、そして捨てることを恐れる国民だからだ。1億総活躍、地方創生、デフレ脱却、これらは「拾う」ことばかりを並べている。
 
EUの一員としての立場を「捨てる」決断をしたイギリス国民にInnovation大国の未来が待っている。
 
第一号のユダヤ人Abram、後に神に言われて改名したAbrahamは神からこう言われた。「捨てろ、捨てろ、持っているものを全て捨てろ。親も兄弟も親戚も皆捨てろ。そしてこの地を出ろ。」
 
ユダヤ人は今回のイギリスの国民投票と同じく、Leave離脱(捨てる)かRemain残留(拾う)かの決断を迫られた時には常にLeave(捨てる)の選択をしてきた。
 
上記のAbrahamしかり。
 
Babylonia に幽閉された後残留しても良いとされたが、Babyloniaを捨てた。

Egyptに残留するか、Egyptを脱出するか、ユダヤ人は出Egyptを決断した。
 
RomeがJerusalemに攻め入った時にユダヤ人はJerusalem を捨て世界に散らばる決断をした。
 
EUに残留してEUの諸国と徒党を組むことは安心かもしれないが、停滞の淀みにはまってしまう。それはユダヤ的ではない。
 
徒党を組むことを嫌うユダヤ人。
捨てることを厭わないユダヤ人。
 
それが故にInnovation大国として今世界に君臨しているのだが、そのユダヤ人を紹介する小話がある。それを紹介しておこう。
 

船が難破してユダヤ人が絶海の孤島に流れ着いた。そこで人生を終えるしかないユダヤ人がまず木々を拾って来て作ったのは祈祷所Synagogueである。その島にはそのユダヤ人一人しか人間はいない。ところがどうしたことか、そのユダヤ人はもう一つ別の所に別のSynagogueを作った。
 
10年ほどして別の難破船からChristianが偶然その島に流れ着いた。その島にはChristianとユダヤ人の二人の住民がいることになったのだが、Christianがユダヤ人に聞いた。「どうしてお前一人しかユダヤ人がいないのにSynagogueを2つも作ったんだ?」
 
ユダヤ人が答えて曰く「当たり前じゃないか。一つのSynagogueは私が行くSynagogue、もう一つのSynagogueは私が捨てるSynagogueだ。」

| - | 23:44 | comments(1) | trackbacks(0) |
石角先生 これほど明快に離脱の優位さを説明してくださりありがとうございました。なぜなら、日本にいてこの様な解説は初めてお聴きしました。また、わが国のトップは、株価ばかり気にして、ロングスパンでは壊れてしまうのではと思っておりました。
| ひろせ | 2016/09/08 6:09 PM |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/958