profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Sukkah | main | Annual Conference of Chabad-Lubavitch Emissaries >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
Parashat Noach

今週のParashatはParasha Noachである。今週というのは西暦で言うと2016年11月5日、Jewish歴では5777年のCheshvan月の4日目である。
 
今週のParashatはParasha Noachである。有名なNoachの方舟の話だ、それとBabelの塔の話も出てくる。このNoachの方舟、Babelの塔の話は日本でもよく知られている。
 
大洪水が起こるのである。どれぐらいの大洪水かと言うと、Noach自身もまさかと思っていたのだが、最初の7日間は大した雨ではなかった。土砂降りというほどでもなく、とにかく普通の雨が降った。
 
そして次の40日間、これは正に桶をひっくり返したような土砂降りが続いたのだ。
 
そしてMt. Evberestの頂上が埋まってしまうぐらいの大洪水が襲ってきたのだ。生き物という生き物は完全に死んでしまった。Noach自身もすぐに水が引くだろうと思っていたが、何と水が引くどころかその状態が150日も続いたのである。
 
やっと10ヶ月後になってその時地球で一番高かった、まあMt. Everestかもしれないが、山の頂が水が引き出して水の上に顔を出して来たというのだ。これがHebrew Bibleに書かれている大洪水だ。
 
これより先にNoachは神からお告げがあった。大洪水で全人類を殺すというお告げだ。そしてNoachの家族とKosherでない種類の動物一つがいずつ、そしてKosherの動物は7つがいずつ全てNoachが神の指示通り作った方舟に乗るように、と言われていた。
 
神の指示通りというのは神が「ここはどれぐらいの長さ、あそこはどれぐらいの長さ、ここにはどんな板を」と細かく設計を指示されたのである。
 
そして、いよいよ神が船から出るように仰せになって、Noachとその家族達、そして全ての生き物がNoachの方舟から地上に出てきた。
 
そしてNoachは神の言いつけ通り生き残ったKosherの動物と鳥(これは鶏だが)を1匹ずつ神に生贄に捧げた。神はこれを喜ばれて二度と洪水を起こして人々を殺すことはしないと言われ、その証拠に天空に虹を掲げられたのである。爾来虹とはこの時の神の約束を思い出すものだと言われている。
 
それから時代が遡り、人類はBabyloniaの地で一つの言語をしゃべりそれ故に栄えていた。そして人類は天まで届く大きな高い高い塔を作った。そして神に戦いを挑もうとする計画を立てたのである。
 
これを知った神はこの塔を作った者達と共に塔を全て破壊され、一つの言葉を人類がしゃべるから碌なことにはならないと言葉をバラバラにされて相互に会話が出来ないようにされてしまった。
 
さて、ここで読者に対する質問だが、Noachは、方舟を作った時には600歳、そして方舟から出て来て子供達の成長を見届けて死んだのが950歳なのだが、
 
何故神はNoachだけを、そしてNoachの家族だけを選んで救われたのか? 
 
それほどNoach以外の人間は神の眼から見て救うべきではないと思われたのは何故か? 
 
何故Noachは神の指示する通りの寸法と神の設計図通りに方舟を作ったのか? 
 
そして何故神はBabelの塔を作って神に挑戦しようとした人類全員をNoachの方舟の時と同じように殺されなかったのか?
 
この質問にどしどし投稿して答えてもらいたい。なお私の答えはApple Applicationの「石角完爾のユダヤ金言集」に書いておく。

| - | 00:31 | comments(1) | trackbacks(0) |
何故神はNoachだけを、そしてNoachの家族だけを選んで救われたのか? 
神に忠実であったからではないでしょうか。

それほどNoach以外の人間は神の眼から見て救うべきではないと思われたのは何故か? 
神を信じないで忠実でなかったからでは。

何故Noachは神の指示する通りの寸法と神の設計図通りに方舟を作ったのか? 
神の命令だったからでは。

そして何故神はBabelの塔を作って神に挑戦しようとした人類全員をNoachの方舟の時と同じように殺されなかったのか?
いつか忠実になる者が現れると思うからでは。
| ひろせ | 2016/11/22 5:58 PM |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/963