profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< A Jew who founded Hyatt | main | Spain のユダヤ人の受けた拷問、Spain の高名なユダヤ人学者 >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
Why did G-d divide language? 何故神は言語をバラバラにされたのか? Technology and language divide.

Hebrew Bibleの十戒は総単語数200 、
 
AmericaのDeclaration of Independence独立宣言の総単語数は1300、
 
イギリスのMagna Cartaの総単語数は4000、
 
そして2016年のイギリスの税法の総単語数は1000万、
 
そしてAmericaの連邦及び州の全ての法律の総単語数は2016年で30億。
 
さて、果たしてこれだけ複雑な規則と法律でHebrew Bibleの十戒の時代6000年前と現在と比べて人々が規律正しくなったと言えるのか。
 
第一次産業革命が1784年。いわゆる蒸気機関車(Mechanical weaving loom, water and steam power​)。
 
第二次産業革命が1870年。自動車の最初の製造Line(​production line)が作られた。
 
第三次産業革命が1969年。最初のProgram​mable Logic Controllerが出来た日。
 
第四次産業革命が2016年、Cyber Physical System、これがいわゆるIndustry 4.0と言われるものだ。​Industry 4.0 で人々は幸せになるのか?
 
十戒の200語と現代Americaの全法律の3​0億語と、この第一次産業革命から第四次産業革命、一体人々は幸せになろうとしているのか、なっているのか。それとも人々をただ単に機械の虜にし、​Big Data で忙殺しているのか。
 
電話回線が500万人に行き渡るまで75年、
 
Radioが500万人に行き渡るまで38年、
 
Televisionが500万人に行き渡るまで13年、
 
Internetが500万人に行き渡るまで4年、
 
Facebookが500万人に行き渡るまで3.5年。
 
ところがiPhoneが500万人に行き渡るまでたったの3ヶ月しかかかっていない。
 
果たして人々がそれで幸せになったのか。
 
​iPhone で幸せになった人は是非私に連絡して欲しい。
​30億語の法律で人々がより問題を起こさなくなったと信じる人は私に連絡して欲しい。
 
よく考えてもらいたい。
 
ユダヤ教は、特に私の属するChabad Lubavitch 派はこういう産業革命とかSpeedとかInternetとかBig Dataとかいうものに懐疑的な目を向けてきた。
 
それが人々を幸せにしないのではないかという疑問からである。
​人々が幸せになるには200語で十分ではないか?
 
この地球上には現在約7000の言語がある。ところが世界人口の50%を占める人々が話している言語はたった7000のうちの25の言語である。ということは残り50%の人々が6975言語を話しているということになる。
 
ところが、その25の言語を話す世界人口の50%の人々は戦禍にさらされてきた歴史を繰り返しているという。
逆に、全く少数言語の6975の言語を話す少数民族の人々はこのような戦禍にさらされるという不幸はあまり経験していない。
​iPhoneやIndustry 4.0 は 25 の言語を話す50%の人々に関係する。しかし、6975 の言語を話す人々はほとんど関係しない。​
 
例えばAustraliaの原住民のAborigine、南太平洋地域の各島々の原住民の言葉。インド洋に浮かぶBengal島の​Jeruという言葉。これは現在話す人が一人しかいない。
 
そして最も少数言語が集中して存在するのがPapua New Guineaで800言語存在する。中央America、Mexicoから中南米にかけてCosta Ricaにかかる地域は少数民族の​340言語が存在する。
 
London大学のSOAS(School of Oriental and African Studies)では世界最大と言われる言語archive(https://www.soas.ac.uk/library/language-archives/) が存在するが、そこですら7000言語のうちたったの450言語しか録音収録出来ていない。
 
ここで私は初めて気付いたのだが、Babelの塔が破壊されて神が人々の言語をバラバラにされたという理由が、London大学SOASのDirector of Endangered Language教授Dr Mandana Seyfeddinipur氏の話を聞いて初めて分かったような気がする。
 
世界人口の50%を占めるたった​25の言語を話す人々、特に英語、中国語等の人々はあまり幸せではないのではなかろうか。
​iPhone や Industry 4.0 はこの人達を逆に不幸せにするのではなかろうか? ​
むしろ神がバラバラに言葉をされたそれが今も残っているPapua New Guinea、中央Americaなどの人々の方が幸せではなかろうか。
 
神が言語をバラバラにされたというのは人々が幸せになるようにということではなかったのかと気付いたのである。
 

| - | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/977