profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Globalizationと宗教について | main | イスラエルイノベーションの根源 >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
喧嘩があって裁判になれば正しい方が勝ち、間違った方が負ける。

喧嘩があって裁判になれば正しい方が勝ち、間違った方が負ける。

今週のParashatはDeuteronomyの第21章から25章。Ki Teitzeiである。

Deuteronomyの第25章に次のように書かれている。

二人の人間の間で揉め事があり裁判になった場合には、正しい方が勝ち、相手方は負ける。

さて読者に対する質問だが、何故わざわざDeuteronomyの第25章にこのような当たり前のこと、分かり切ったこと、自明の理のことを書いているのか? 

これが読者に対する質問である。どしどし私のBlogに投稿して答えを読者なりに考えて言っていただきたい。
 

| - | 21:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
自明の理ではあっても、きちんとトーラーに記しておかないと、正しい者が有罪に、悪い者を無罪にしてしまう可能性があるためと、考えました。ところで、この節の争いの正か悪か判断するのは、ミツバーに基づくのでしょうか?
| toshio | 2017/08/29 9:21 PM |
正しい方が勝つというのは、本当に自明の理なのでしょうか。司法が国の権力を維持するための機関になっている場合は、正しい者ではなく、国家権力の維持に貢献する者が勝つのかもしれません。
そういうインセンティブやおそれを排除し、裁判官には正しい者を勝たせなくてはならないという自覚を醸成し、市民には正しくないと負けるのだから正しく生活しないといけないと思わせる効果、があるのではないでしょうか。そしてみんなが「正しい」こととは何かを真に考えることを期待しているのではないでしょうか。
| mochida | 2017/10/13 9:54 AM |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/985