profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Passover bread? | main | 神の加護 ユダヤCommunityの有り難さ >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
ユダヤ教に於いて「死」はどのように捉えているのか?

ユダヤ教に於いて「死」はどのように捉えているのか? 死後の世界はあるのか? 輪廻転生はあるのか? 祖先が悪いことをしたからバチが今の自分に当たったとかいう因果応報の考え方があるのか?

 

結論から先に言うと、ユダヤ教は今を生きる為の宗教である。

 

仏教のように今の生活がいかに惨めであっても死後に極楽往生に行けるなどという極楽浄土の死生観はない。従って死後の極楽の世界、あるいはバチが当たって落ち込んで行く地獄の世界を想像した絵画というものもない。

 

元々ユダヤ教は偶像崇拝を禁止する宗教であるから、死後の世界を描く絵画などは絶対に存在しない。もしそのようなものを描いてユダヤ教の祈祷所であるSynagogueに飾っていたりすれば、それはもはやユダヤ教ではない。仏教のように極楽の世界を蓮の花に囲まれた安楽の世界などというような絵画を描いたり想像したりすることもない。

 

ではユダヤ教では「死」をどのように扱っているか? 読者にそれを考えてもらいたい。

| - | 00:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
こんばんは。石角様。「死」とは身も蓋もないようですが、それで終わり。FROM DUST TO DUST.だと思います。。。
| toshio | 2018/04/26 9:29 PM |
こんばんは。以前頓珍漢なコメントを致しましたが、ご容赦下さい。さてユダヤ教において「死」とは自分はユダヤ人ではないのでユダヤ人の目線では分かりません。しかしながら、石角先生がおっしゃっている通り「ユダヤ教は今を生きる為の宗教」。その事を踏まえた上での、ユダヤ教の伝統を過去現在未来に連綿と繋いでいるのではないでしょうか。その鎖をつないでいくために「今を生きる!」のだと思います。
| toshio | 2018/06/29 8:37 PM |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/994