profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< William 王子とWestern Wall (その2) | main | ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集』が3刷重版となりました。 >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
会社に「さん」を付けて呼ぶ ---- 日本だけの会社文化?

会社に「さん」を付けて呼ぶ ---- 日本だけの会社文化?


恐らくこの違いが欧米ユダヤと日本の違いの中で最も際立つものの一つ、つまり意思決定のSpeed の違いに影響してくるのだ。


日本では会社に「さん」を付けて呼ぶように会社に人格があり、その人格のある「会社様」が本社という聖なる場所に生きて存在しており、取引先や下請け、Salesman などその「会社様」より序列の低い人間は「会社様」のおわします所に来て挨拶(お参り)するべきだとという意識がある。


会社神格化だ。


西洋人もユダヤ人も会社には人格や神格などないので(そもそも、人は神格化しない、ましてや法人は人格化も神格化もしない。

西洋ユダヤの一神教とは人も法人も神格化しない宗教なのだ。)、社長も含め担当者同士会えるなら世界のどの都市でもさっさと会おう、その時と場所はお互いが合意した所で早く会おう、世界は早く動いているから、特にBusiness、Innovation、技術の世界は全てが早く動いているから、となります。


日本の会社人格主義/会社神格主義は「お前が会いたいと言っているのだから、俺の会社様のおわします本社に来い。それが礼儀というものだ」ということ。「俺の本社様」「俺の会社様」、トヨタ様、松下様、経営の神様、本社詣でということになる。


欧米ユダヤ社会では会社に「さん」を付けて呼ぶという法人人格化、ましてや会社神格化は全くありません。従って本社の応接間が何らかの意味(会社様への謁見の広間)を持つということも全くありません。


私がApple のSteve Jobsに会ったのも他の社員がいっぱい居た社員食堂です。お互いにTray に昼食を載せながら「Hi Steve」という感じで、向こうもT-shirt、私もT-shirt 。別に社長室に来いという本社の社長室でということは全くありませんでした。


Silicon Valley の会社の社長もごく普通に近くのStarbucksで取引先と会ったり、出張先のHotel のLobbyで取引先と会ったり、Salesmanと会ったりです。最近ではSkype Meeting で済ませることもごく普通です。


これに対して日本は会社を「さん」付けで呼ぶように会社に人格を持たせ(会社人格化)、その人格に対して崇拝、尊崇の念を持つ、または示す、こと(会社神格化)を社会的序列の低い人間(下請け、取引先、Salesman、そして社員)に要求するというものである。


恐らくこういう面(会社が人格化/神格化した為に儀式儀礼の為に時間がかかる面)がInnovation Speed の恐ろしく早い分野では日本が後塵を拝する姿と重なっていっているのでしょう。

| - | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/999