profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
Annual Conference of Chabad-Lubavitch Emissaries

さて、私の所属するChabad Lubavitchというユダヤ教の教団Group(世界最大のユダヤ教団)の世界大会が2016年11月27日にNew Yorkで開かれました。その様子をVideoでご覧ください。特に2:45以降をご覧ください。何故私がこの教団に入ったのかが分かります。

 

View this email online.

 

LIVE FROM NEW YORK!

The Gala Banquet of the International Conference of Chabad-Lubavitch Emissaries will air live this evening, November 27, at 6:00pm ET on Jewish.tv. 

The gala banquet culminates a five-day annual conference attended by more than 5,000 Chabad-Lubavitch emissaries, lay leaders and supporters in New York. Read more about this year's conference here.

Log on to www.Jewish.tv to watch this extraordinary webcast.

 

GALA BANQUET PROGRAM:

CHAIRMAN
RABBI MOSHE Y. KOTLARSKY 
BROOKLYN, NEW YORK 

DVAR TORAH
RABBI MENACHEM MENDEL ALPEROWLTZ

TEHILIM
RABBI AVRAHAM KORF
MIAMI BEACH, FLORIDA 

RABBI MENACHEM VOLPO
NETANYA, ERETZ YISRAEL 

NIGGUN 

KEYNOTE ADDRESS
MR. MALCOLM HOENLEIN
NEW YORK, NEW YORK 


VIDEO PRESENTATION 

ADDRESSING THE THEME:
RABBI DOVID YITZCHOK HAZDAN
JOHANNESBURG, SOUTH AFRICA 

INTERNATIONAL ROLL CALL 

BIRCHAS HAMAZON

Times are approximate and subject to change.

 

 

This email was sent to: ixix@me.com. If your e-mail address is changing please send us your new email address here. You received this email because you have indicated that you would like to receive periodic communications from us. Click here to be removed.

 

Chabad.org  |  Contact Us  |  Ask the Rabbi  |  Donate
 

| - | 01:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
Parashat Noach

今週のParashatはParasha Noachである。今週というのは西暦で言うと2016年11月5日、Jewish歴では5777年のCheshvan月の4日目である。
 
今週のParashatはParasha Noachである。有名なNoachの方舟の話だ、それとBabelの塔の話も出てくる。このNoachの方舟、Babelの塔の話は日本でもよく知られている。
 
大洪水が起こるのである。どれぐらいの大洪水かと言うと、Noach自身もまさかと思っていたのだが、最初の7日間は大した雨ではなかった。土砂降りというほどでもなく、とにかく普通の雨が降った。
 
そして次の40日間、これは正に桶をひっくり返したような土砂降りが続いたのだ。
 
そしてMt. Evberestの頂上が埋まってしまうぐらいの大洪水が襲ってきたのだ。生き物という生き物は完全に死んでしまった。Noach自身もすぐに水が引くだろうと思っていたが、何と水が引くどころかその状態が150日も続いたのである。
 
やっと10ヶ月後になってその時地球で一番高かった、まあMt. Everestかもしれないが、山の頂が水が引き出して水の上に顔を出して来たというのだ。これがHebrew Bibleに書かれている大洪水だ。
 
これより先にNoachは神からお告げがあった。大洪水で全人類を殺すというお告げだ。そしてNoachの家族とKosherでない種類の動物一つがいずつ、そしてKosherの動物は7つがいずつ全てNoachが神の指示通り作った方舟に乗るように、と言われていた。
 
神の指示通りというのは神が「ここはどれぐらいの長さ、あそこはどれぐらいの長さ、ここにはどんな板を」と細かく設計を指示されたのである。
 
そして、いよいよ神が船から出るように仰せになって、Noachとその家族達、そして全ての生き物がNoachの方舟から地上に出てきた。
 
そしてNoachは神の言いつけ通り生き残ったKosherの動物と鳥(これは鶏だが)を1匹ずつ神に生贄に捧げた。神はこれを喜ばれて二度と洪水を起こして人々を殺すことはしないと言われ、その証拠に天空に虹を掲げられたのである。爾来虹とはこの時の神の約束を思い出すものだと言われている。
 
それから時代が遡り、人類はBabyloniaの地で一つの言語をしゃべりそれ故に栄えていた。そして人類は天まで届く大きな高い高い塔を作った。そして神に戦いを挑もうとする計画を立てたのである。
 
これを知った神はこの塔を作った者達と共に塔を全て破壊され、一つの言葉を人類がしゃべるから碌なことにはならないと言葉をバラバラにされて相互に会話が出来ないようにされてしまった。
 
さて、ここで読者に対する質問だが、Noachは、方舟を作った時には600歳、そして方舟から出て来て子供達の成長を見届けて死んだのが950歳なのだが、
 
何故神はNoachだけを、そしてNoachの家族だけを選んで救われたのか? 
 
それほどNoach以外の人間は神の眼から見て救うべきではないと思われたのは何故か? 
 
何故Noachは神の指示する通りの寸法と神の設計図通りに方舟を作ったのか? 
 
そして何故神はBabelの塔を作って神に挑戦しようとした人類全員をNoachの方舟の時と同じように殺されなかったのか?
 
この質問にどしどし投稿して答えてもらいたい。なお私の答えはApple Applicationの「石角完爾のユダヤ金言集」に書いておく。

| - | 00:31 | comments(1) | trackbacks(0) |
Sukkah

Jewishの祭りはRosh Ha Shana、Yom Kippur、Simchat Torah、そしていよいよSukkah(Sukkotとも言う)を迎えている。いわば年中行事の中で、日本で言えば7日正月と言ったところか。

 

ここNew YorkのPublic LibraryのTerrace、Fifth Avenueの41から42の間にSukkahが設けられている。私の所属するChabad Lubavitchが設営している。

 

なお、Sukkot(Sukkah)については私のBlog(2012年11月6日2012年10月21日2012年10月20日2012年10月6日2011年10月29日2011年9月22日)を参照されたし。

 

New York Library のTerraceにSukkahが設けられている期間は2016年October 16 からOctober 24 の間である。

 

JewishのSukkahとはどんなものか覗いてみようという向きには是非お立ち寄り賜りたく。

| - | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Jews in England

イギリスにはNaziに追われて第二次世界大戦前1933年から45年の間にイギリスに逃れてきたJewishが数多く住んでいる。その数は70万人と言われている。
 
ところが、2016年の国民投票によりイギリスがEUを離脱することが決定的となったことを切っ掛けとしてイギリスに住むJewishがあの苦しく忌まわしい思い出のあるGermanyに今度は戻ろうとする動きがある。
 
Germany基本法第116条によると、Naziから逃れて他国に渡ったJewishはGermany市民権を復活させることが出来ると謳われている。この第116条を使って今イギリスに住むJewishがGermany市民権つまりGermany国籍を取る動きが加速している。
 
何が彼らをそうさせているか? それはEUの市民権つまりGermany市民権を持つとEU諸国はどこでも自由に住むことも出来るし、仕事をすることも出来るし、国境なく移動出来る。
 
このことが可能となるのはイギリスがEUに留まっている限りであり、イギリスのEU離脱が決定されてしまうとイギリスにいるJewishはこのEU諸国域内の自由移動権、居住権、職業自由権を奪われることになる。
 
そこで、この第二次世界大戦前にイギリスに渡ったGermany、Austria及びCzechoslovakia のJewish達が今逆にGerman、Austria及びCzechoslovakia の市民権を取ろうとしている。
 
AustriaにはGermany基本法第116条のような法律があるか? ある。
 

| - | 23:08 | comments(1) | trackbacks(0) |
ユダヤブログの読者からのコメント

石角様
 
貴重な情報をありがとうございました。
石角様のあまりの博識、見識の深さに感動し、尊敬しております。
これからも、いろいろとお聞かせください。
 
○○

| - | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
読者からのコメント

石角完爾様
 
この電子メールが石角さんに届くことを期待して電子メールを差し上げます。
 
ご無沙汰致しております。○○○○で海洋開発を担当していた○○○○です。ご結婚後○○のご自宅にお伺いしたこともありましたが最後にお会いしたのはお互いに○○○○にいた時でしたか。
 
石角さんのご本を時々読ませて戴き大いに啓発されています。最近は「ユダヤ式Why思考法」色々な意味で刺激を受けました。スウェーデンにお住まいなのですか。私は色々な偶然の巡り合わせで○○○○でも入社から2006年の定年まで海洋開発を担当しその後は○○○○ということろで相変わらず海洋開発の延長みたいなことをやっています。ご興味があればインターネットで私の名前を検索してみて戴いたらと思います。
 
何時か又お会い出来れば嬉しいですね。
 
今日は、「ユダヤ式Why思考法」に感銘を受けたということで一筆ご報告させて戴きました。
 
一層のご活躍を祈念致しております。
 
○○○○

| - | 22:58 | comments(1) | trackbacks(0) |
良かった、EU離脱。大変良かった。でかしたぞ。

元々イギリスはEUでありながら通貨はPound。歴史を振り返っても大陸Europeとイギリスは全く違う。むしろ大陸Europeとイギリスは敵対していた。大陸EuropeからRome軍が攻めて来た、Hitlerが攻めて来る。Napoleonはイギリスを苦しめた。
 
NorwayはEUに入っていない。Swissも入っていない。
 
最近見てみると、Norway、Swissの経済は絶好調、Innovation 続々で国も最高に豊か。
 
こうなって来るとEUに入っているから足を引っ張られるのだという感情をイギリス国民はずっと持っていました。EUに入っているから税金が高いのだと思っていました。実際イギリス政府はEUに莫大な拠出金を毎年払っています。EUに入っているからBrusselsのEU官僚どもの作った法律をイギリス議会で作った法律でないのに国内適用させられる。「なんでそんな馬鹿なことが独立国家であるんだ!」とイギリス国民は思っていました。
 
EUに入っているからEuropeの田舎から職を求めてイギリスにどんどん入って来る。LondonのOxford StreetにはEuropeの田舎者が溢れている。Londonの地下鉄やLondonの市Busの中では英語が全く聞こえない。話されていない。国民皆保険のイギリスの医療制度の恩恵になんで彼らが、Europeの田舎者があずかるのか。彼らのお陰で医者のAppointmentも2ヶ月待ちだ。
 
とまあ、こんなことで離脱になったのではないでしょうか。
 
私は離脱した方がイギリスはInnovativeな国になると思っていました。そのうちPoundも戻って来るでしょう。
 
Jo Cox議員を射殺した異常者、犯罪者が裁判所で裁判官に「君の名前は?」と聞かれて「My name is "Death to traitors, freedom for Britain"」と言い、怒った裁判長が「もう一度名前を言え」と聞かれても「My name is "Death to traitors, freedom for Britain"」
 
イギリスの中心地London、そのLondonの中のInter circleのCity of Londonの構成員Freemanに選出されたユダヤ人石角完爾として、このイギリス国民の決断に拍手喝采。City of London構成員石角完爾はイギリス国民の勇気に拍手、拍手、拍手。
 
イギリスはやがてIsraelと並ぶInnovation大国として蘇るだろう。
 
どこかの国の首相官邸では株価Boardを持ちこんでその表示に首相が一喜一憂しているという。株価内閣の国とはイギリスは大違いである。株価内閣の国の国民とはイギリス国民は大違いである。株がどうなろうと離脱した。
 
「捨てろ、捨てろ、何もかも捨てろ。そして出来るだけ遠くへ行け。」このユダヤ人のHebrew Bibleの言葉こそIsraelが今Innovation大国として君臨している根源である。イギリス国民もついに「捨てる」決断をした。イギリスはいずれInnovation大国として世界に輝くであろう。
 
何故日本からInnovationが生まれないのか? それは安倍をはじめとする政治家の発する言葉を考えてみたらすぐ分かる。「捨てる」ことを全く言わない政治家、そして捨てることを恐れる国民だからだ。1億総活躍、地方創生、デフレ脱却、これらは「拾う」ことばかりを並べている。
 
EUの一員としての立場を「捨てる」決断をしたイギリス国民にInnovation大国の未来が待っている。
 
第一号のユダヤ人Abram、後に神に言われて改名したAbrahamは神からこう言われた。「捨てろ、捨てろ、持っているものを全て捨てろ。親も兄弟も親戚も皆捨てろ。そしてこの地を出ろ。」
 
ユダヤ人は今回のイギリスの国民投票と同じく、Leave離脱(捨てる)かRemain残留(拾う)かの決断を迫られた時には常にLeave(捨てる)の選択をしてきた。
 
上記のAbrahamしかり。
 
Babylonia に幽閉された後残留しても良いとされたが、Babyloniaを捨てた。

Egyptに残留するか、Egyptを脱出するか、ユダヤ人は出Egyptを決断した。
 
RomeがJerusalemに攻め入った時にユダヤ人はJerusalem を捨て世界に散らばる決断をした。
 
EUに残留してEUの諸国と徒党を組むことは安心かもしれないが、停滞の淀みにはまってしまう。それはユダヤ的ではない。
 
徒党を組むことを嫌うユダヤ人。
捨てることを厭わないユダヤ人。
 
それが故にInnovation大国として今世界に君臨しているのだが、そのユダヤ人を紹介する小話がある。それを紹介しておこう。
 

船が難破してユダヤ人が絶海の孤島に流れ着いた。そこで人生を終えるしかないユダヤ人がまず木々を拾って来て作ったのは祈祷所Synagogueである。その島にはそのユダヤ人一人しか人間はいない。ところがどうしたことか、そのユダヤ人はもう一つ別の所に別のSynagogueを作った。
 
10年ほどして別の難破船からChristianが偶然その島に流れ着いた。その島にはChristianとユダヤ人の二人の住民がいることになったのだが、Christianがユダヤ人に聞いた。「どうしてお前一人しかユダヤ人がいないのにSynagogueを2つも作ったんだ?」
 
ユダヤ人が答えて曰く「当たり前じゃないか。一つのSynagogueは私が行くSynagogue、もう一つのSynagogueは私が捨てるSynagogueだ。」

| - | 23:44 | comments(1) | trackbacks(0) |
世界で最も眺めの良いSynagogue
今週は毎日IsraelのHaifaのCarmel山の上にあるとあるSynagogueに日参した。恐らく石角完爾の経験する限りでは世界で最も眺めの良いSynagogueである。
 
海の向こうに見えるのがLebanon、右の方の山の向こうはJordanである。
| - | 01:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
ユダヤ人の知的生産性はどこから来るのか。
学士会会報の2016年918の5月号54 Pageに内田樹という人が「ユダヤ的知性について」という小論文を載せています。
 
人種でも何でもないユダヤ人というたった1,500 万人にも満たない人口の集団が何故抜きん出た活発な知性を持ち、歴代Nobel賞の25%を輩出しているのか? その理由を子供、特に幼児が親から常に話しかけられていると遂にはその言葉をしゃべるようになるという大脳発育のBreakthroughの状態にユダヤ人は常に置かれているが故に稀に見る知性を持つに至ったという論説です。
 
AmericaのFRB議長を見てみると、ここ何代もユダヤ人が続いている。現在のJanet Yellen、その前のBen S. Bernanke、Alan Greenspan、その前のPaul Volcker
 
歴代のNobel賞の医学生理学賞、物理学賞の25%はユダヤ人である。全世界のユダヤ人人口は1,350万人、世界人口の0.2%にしか過ぎないこの集団がConstantに知的人材を輩出しているのは、統計学的には異常な現象である。
 
ある人はその理由をDNAに求めたり、ある人はユダヤ人の多言語環境、多文化環境が大脳の知的活動を活発にするということに理由を求めたり、ある人はユダヤ人が迫害されている民族だから土地に縛り付けられないもの、すなわち自分の腕一本、自分の頭一つで生きていけるものに特化したせいで医者や学者や弁護士が多いのだという理由に求めたりしている。
 
DNAに求めるのは間違い。ユダヤ人のDNAというものがある訳ではない。ユダヤ人は、黒人、黄色人種、中東系、Arab系、Africa系、白人など人種的にはバラバラだからだ。

ユダヤ人が世界に散らばった民族集団である為に、多言語環境、多文化環境に置かれたことは確かに知的刺激を子供の頃から大脳に与えたと言える。
 
また迫害されている為に身一つで逃げて行って新しい土地で生計を立てられるようにと知的なものに特化していったということもその理由の一つだろう。
 
しかし、何と言ってもユダヤ人の知的生産性を抜群のものにしているのはユダヤ教であろう。
 
ここで読者は何故ユダヤ教がそれを信じる者の知的能力を高めるのか、知的生産性を高めるのかについて考えてもらいたい。読者からの色々なご意見を期待している。
| - | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
私の著書「ユダヤ式Why思考法」(日本能率協会マネジメントセンター)が6刷となりました。
私の著書「ユダヤ式Why思考法」(日本能率協会マネジメントセンター)が6刷となりました。
 
20,000部突破です。着実に売れています。
 
| - | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) |