profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
石角完爾 千代田国際経営法律事務所代表
profilephotoスウェーデン在住。京都生まれ京都育ち。スウェーデン在住。北京、上海、香港、シンガポールなどのアジア各地のユダヤ人コミュニティーにも所属。日本の自由民主党の顧問弁護士団のメンバーであった頃から自民党及び中国共産党との交流に参加し、現在では中国共産党との深い繋がりを持ち頻繁に北京を訪れる。京都の旧商家6代目として生まれる。。片桐石州 (徳川家 茶道 石州流 創始者)直系 子孫。東京オリンピックの聖火リレー走者(京都区間)に選ばれる (See images below)。
陸軍士官学校、陸軍大学、各主席卒業(金時計授与組)の元帝国陸軍満州軍作戦参謀長少将(石原莞爾に近いと言われた)の娘と結婚。
自民党では河野太郎の産業政策に賛同する。
 
京都大学法学部卒業(首席)。
4年生在学中に国家公務員上級試験と司法試験に合格。
通産省(現・経済産業省係長)を経て、ハーバード大学ロースクール修士、ペンシルバニア大学修士(証券取引・証券金融専攻)。Harvard大学法学校博士課程合格。1979年 Harvard Law Schoolの法学博士課程に入学を認められる。
ペンシルバニア大学証券金融研究所研究員、米国証券取引委員会研修生、ウォール街の名門法律事務所シャーマン・アンド・スターリング法律事務所(M&A team)勤務を経て帰国。
東京の金融街の中心大手町にて千代田国際経営法律事務所を設立、代表に就任。またベルリンにある法律事務所Radon & Ishizumi法律事務所のパートナー。
Londonの丸の内と言われるBerkeley Squareにて教育コンサルタント石角完爾事務所を設立、代表に就任。イギリスとあるいはベルリン・スウェーデンを往復する毎日を過ごす。
元ハーバードクラブオブジャパン(ハーバード日本同窓会)幹事。
ワシントンアスレチッククラブ所属
国際弁護士として、世界の各都市で活躍中。
弁護士、弁理士。米国認定教育コンサルタント。
ユダヤ教徒(ウルトラオーソドックス、ハバッド ルバビッチ派)。ユダヤ教義解説者。ユダヤ教に関する公演多数。イスラエルにもたびたび訪れる。スウェーデン在住。



England、Swedenを往復する毎日を過ごす。またAmerica東海岸、西海岸にも頻繁に出向く。New York、Los Angeles、San FranciscoのSynagogueにも頻繁に顔を出す。
Asiaでは上海、Beijing、SingaporeのSynagogueにも仕事で訪れた際に頻繁に顔を出す。

約5年間ラバイに師事して特訓の勉強を受け、2007年、数回の難関の筆記試験と割礼手術、沐浴式、宣誓式を経てユダヤ教に改宗し、ユダヤ人となる。日本人男性では10年に一人と言われる。ロンドン及びスウェーデン並びにベルリンのシナゴーグには最も頻繁に祈りの儀式に参加するが、アジア各地のシナゴーグにもよく訪れる。ハバット ルバビッチ派(ニューヨーク ブルックリン本部)に所属する。


著書に『ユダヤの「生き延びる智慧」に学べ(朝日新聞出版)』、『ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集』(集英社)、「だから損する日本人」(阪急コミュニケーションズ)、「ファイナル・クラッシュ」(朝日新聞出版)、「日本国債 暴落のシナリオ」(中経出版)、「アメリカのスーパーエリート教育・全面改訂版」(ジャパンタイムス)、「日本人の知らないユダヤ人」(小学館)、「真のエリートをはぐくむ教育力」(PHP)、「ユダヤ人国際弁護士が教える天才頭脳のつくり方」(朝日新聞出版)、「アメリカのスーパーエリート教育」(ジャパンタイムズ)、「アメリカビザ取得の手引」(ジャパンタイムズ)、「知の管理術」(アスキー出版)、「アメリカン・ロイヤーの勝つ論理」(同)、「お金とユダヤ人」(ソフトバンククリエイティブ)、「Acquiring Japanese Companies」(The Japan Times / Basil Blackwell Inc.)、「Insider Trading Regulation: An Examination of Section 16(b) and a Proposal for Japan 」(Fordham Law Review)、「国際ビジネス契約入門」(HBJ出版)、「対米不動産投資」(第一法規出版)、「企業秘密/トレード・シークレット」(同)、「買収防衛/株買占対策(同)、「国際税務」(同)、「製造物責任」(同)、「国際企業買収ハンドブック」(東洋経済新報社)、「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)、「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)、「この弁護士に聞け」(日経BP社)、「ビジネス弁護士 2000」(日経BP社)など多数。
「ファイナル・クラッシュ」は経済書としてはベストセラーとなる。


田中角栄の個人的支援を受けHarvard大学法科大学院(Law School)に留学、修士号を取得し、その後京都大学法学部教授龍田節先生の推薦により、名門Pennsylvania大学法科大学院、Wharton Business School経営大学院、証券・金融研究所研究員に採用され、その時の修士論文がFordham大学法科大学院雑誌「Fordham Law Review」に採用され掲載されたが、その後Washington D.C.の米国証券取引委員会(SEC, Washington D.C.)法務部(General Counsel's Office)在籍中に奇しくも田中角栄のロッキード事件のSEC審議を傍聴。Harvard大学法学校博士課程に合格、博士課程在籍のまま、帰国後、香港の大財閥の代理人として日本の老舗一部上場企業の買収経営参加を手がけ、その後スポークスマン兼代理人として活躍したT. Boone Pickens事件はアメリカのファンドによるトヨタ自動車グループ経営参加要求事件として、NHK特集(ここをクリックするとNHK特集を見れます)また、このT. Boone Pickensの事件はアメリカでも大々的に報道され、New York Timesには石角完爾の顔付きで一面に報道されることが度々あった。当時アメリカで日本人弁護士として最も著名な弁護士と言われた。その他日本にM&Aの手法としてOption取引を最初に導入するなど国際的M&A事件を多数手がけるM&A専門の弁護士として有名。

日本に於いてマイケル・ジャクソンの弁護士を務めたことは有名。

これらの事件の弁護士としての仕事は全てユダヤ人に助けられていたことを後で知ったことがユダヤ教改宗の一つの理由でもあった。


掲載記事
朝日新聞 '95/ 5/12'96/ 5/16、'97/10/24
日経産業新聞 '95/ 1/9,’96/2/21
月刊タイムズ '96.11.、12.、'97.2.、'97.5.、'98.2.、'03.2.
ダイアモンド・エクゼクテイブ '96.10.
インターブレーンユー '96 5/6

財界
'95. 11/21
'97. 1/14、1/28、3/25、4/84/225/136/10、6/24、7/8、8/59/910/711/4
'98 1/6、1/20、2/17、3/3、3/17、3/31、4/14、4/28、5/19、6/2、7/14、7/28、8/11

ベンチャーマガジン 週刊東洋経済臨時増刊 '96 11/13
ベンチャーマガジン 1997年
月刊経営塾フォーラム '96.11.
月刊経営塾フォーラム '96.12.
1995 THE LEAGAL YEAR IN REVIEW
1996 THE LEAGAL YEAR IN REVIEW
ニューモデルマガジンX '97.4.
マネジメント・トレンド '97.4/20
マネジメント・トレンド Vol.2 No.1 1997年
この弁護士に聞け! '97.5/26
サンデー毎日 '97.6/22
SAPIO 98.6/10
Bloomberg 97.4
経済界 98.6/ 9 
The Japan Times マイケル・ジャクソン '98/7/28
サンケイスポーツ '98/7/28
夕刊フジ '98/7/28
東京中日スポーツ '98/7/28
週刊東洋経済 '98/8/22
新潮45('00/1/1)
プレジデント('00/3/20、29頁) 
プレジデント('00/4/3、118頁)
月刊テーミス('00/8月 62頁、63頁)
月刊実業界(8月号、9月号−64頁)
経済同友('00/8月号、19頁)
Yomiuri Weekly(4/30/00、42頁)
The Japan Times ('00/9/16、3頁)
資本の意志(第7号 2000年10月号/74頁、75頁)
学校経営9月号('00/9/1、118頁)
SAPIO('00/7/12、49頁)
現代英語教育(9月号、90頁)
合格レーダー(Sep. 2000 112頁)
ザ・リバティ(2000.9 66頁)
EPiC World(2000. Autumn No.30 62頁)
Sunday世界日報(2001年4月8日)
経済倶楽部講演7(2001/7/20 31頁)
月刊経営塾フォーラム9月号(2001.9.1 6頁)
エピックワールド(Summer 2001 No.33、34〜37頁)
HOGARAKA(2000. WINTER Vol.8)
実業界(2002年3月号、24〜28頁)
月刊政界ポリティコ(2002年4月号24頁)
月刊経営塾(2002年3月号、120〜121)
ニューモデルマガジン・エックス(2002年5月号、130〜131頁)
実業界(2003年4月号、7頁)
SEVEN MONEY CULTURE (2003年秋号、2004年8月号、9月号、2005年7・8月号)
「現代日本執筆者大辞典 第4期」(日外アソシエーツ 2003年11月25日刊行)
国際根付ソサエティ(2004年Fall、Volume 24 No.3)
世界週報(2005年2/22号)
週刊東洋経済タマーレ(2004年7/7号)
月刊私塾界1月号(2006. Jan.)
U.S. Front Line (Issue of November 1st Week, December 1st Week, 2004、November 2nd Week, 2005 in New York)
日経ビジネス(2006年10/9 第1361号 P39)トヨタも慌てた小糸製作所の株買い占め騒動「双方弁護士、攻守の教訓」
日本全国書誌(2007-2 2611 国立国会図書館)P97「大扇子の歴史:日本の近代扇産業と石角商店:大英博物館寄贈/石角完爾編纂」
m/f and you(2007年夏号 P100)世界水準の教育・ボーディングスクール
FLASH 1996年 6月
週刊新潮 6月6日号
週刊新潮 10月26日号
週刊宝石
東洋経済
日経ビジネス1995 9 25
The Japan Times Weekly
THE WALL STREET JOURNAL1991年6月17日
Inter Brain You
INSIDE

テレビ番組
フジテレビ 報道2001年 '98/6/28放映
関西テレビ ホットジャーナル '01/6/30放映 (法の番人の素顔〜司法の扉は開かれた〜)
BS11 「トップに聞く! 昭和の経営に学べ」'08/1/12放映


社外監査役
ハイデルベルグJAPAN(世界最大の印刷機メーカー 本社ドイツ)前監査役(1994〜2010)
TDK(東証一部)前監査役(1994〜2000)
ダイニック(東証一部)前監査役(1994〜2003)

kanjiishizumi@gmail.com

Member: Harvard Club of New York City, Penn Club of Manhattan, New York. Oriental Club of London.



HARVARD LAW SCHOOL 4th Reunion in 1996.
Kanji Ishizumi was the center of the first row.



1998年Harvard Law School Worldwide Alumni Congressの日本代表としてバチカンを訪問。John Paul二世ローマ法王の真後ろに居るのが石角完爾。


1990 4/9 /TV朝日。
「CNNデイウォッチ」  石角完爾が出演しています。



1990 7/16 / NHKスペシャル。
「ピケンズ 小系の攻防 500日」  石角完爾が出演しています。



HARVARD LAW SCHOOL FACEBOOK




「Kanji Isaac Ishizumi at 35th Alumni Gathering of Harvard Law School, Class of 1977.」



















京都大学名誉教授 於保先生 喜寿記念先生
筆者 石角完爾 3列目右から2人
写真撮影 昭和61年 夏



Thank you letter from Harvard Law School






Michael Jackson and Mr.and Mrs. Ishizumi
Mr. Kanji Ishizumi was a Japanese lawyer for Michael Jackson.

[ジャパンタイムズちらし]