profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 石角完爾が読み解く“おもろい”ヘブライ聖書(19) 悪魔は数えられるものに来る。祝福は数えられないものに来る。 (Deuteronomy / Devarim 第28章8節) | main | 石角完爾が読み解く“おもろい”ヘブライ聖書(21)。 ユダヤ人は数を数えることを嫌がるというのは本当か? ツェダカの由来。 (Exodus / Shemos 第30章11節〜16節) >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
石角完爾が読み解く“おもろい”ヘブライ聖書(20) 「8」はユダヤ人にとって最も縁起の良い数字
 日本でも「8」は大変縁起の良い数字とされている。中国でも同じだ。しかしユダヤ教でもそうである。もしユダヤ人に最も神聖な数字を上げろと言われれば「8」になる。何故か? 

それは「8」を横にすれば分かる。「8」を横にすればInfinityという永遠を示す文字になる。永遠こそ神の象徴である。というのも一つの説明である。

もっと具体的な説明がある。シェミニ・アツェレット。「シェミニ・アツェレット」とはスコットの祭りの8日目を言う。その日に神からユダヤ人にとって最も神聖であると言われるトーラ(モーゼ五書)が我々ユダヤ人に与えられた日である。その日はちょうど出エジプトの日から数えて50日目になる。50という数字は7×7=49の翌日である。すなわち、パスオーバーの日から数えて49日目の翌日、シャブオットの日にトーラが我々ユダヤ人に与えられた。

ユダヤ人にとって最も神聖な日はシャブオットの日、それは出エジプトから数えて50日目になる。7日間が7回繰り返されるその翌日である。7(×7)+1、やはり8の日である。

何故一つの期間がユダヤ人にとり7日間であるか? これは元々ユダヤ人が7日を一つの繰り返しの単位と考えたから今でも1週間が7日と言われているが、それは神が天地創造された期間が6日間、その翌日は休まれているので天地創造は7日間(6日の創造+1日)で完成したと考えているからである。

 日本では十二単が高貴な人の着物とされている。ユダヤでも同じである。但し十二単ではなく8枚重ね、すなわちユダヤ教の最も高貴な僧は8枚重ねの着物を着ることになっている。「8」という数字が神聖だからである。

ハヌカの祭りは8日間続く。

では、ユダヤ教にとって何故「8」がそのように神聖なのか? タルムードは次のように説明している。それは「8」が自然を超えた数字であると言うのである。日本では八百万の神、あるいは8尾のキツネ、8頭の竜と言い、いずれも神格を有する存在とされていることと共通項がある。タルムードでは「8」が神聖な数字である。理由は次のように説明する。

「8」とは「7」のさらに上の数字である。「7」とは何か? それは神が天地創造をされた6日間に休まれた1日を加えた7日間は天地を表す数字である。「7」は天地、すなわち自然を表す。それに「1」を加え、つまり「7」より上の数字、これを超自然を意味するのが「8」であるとユダヤでは考える。「7」はユダヤ教にとり自然を表す。創造物を表す。神の創られたものを表す。「8」はそれらを全て超越した永遠の存在、超自然すなわち神そのものの神聖さを表す数字であると考えている。

だから「7」は創造物のサイクル、人間も含めたあらゆる物質的なもののサイクルである。だから7日間が一つの区切りになり、7年が一つの区切りになり、時効も7年。7×7=49でJubilee Yearが翌年来る。Jubilee Yearとは時効である。昔、ユダヤの神殿がエルサレムにあった頃、神殿の中には神を象徴する8個のものが置かれていた。例えば、法衣は8枚重ね、祈りも8回等々、8種類のハーブ、8種類の香草、8種類の臭い、そして8種類の衣を着た僧侶達である。

これに対してユダヤでは「7」は物質界の完成された姿であると考える。その証拠に硬貨は7枚をもって円形を作れる。皆さんも試してみられると良い。10円玉を1枚テーブルの上に置く。その周りに10円玉を、真ん中の10円玉及び左右の10円玉に接触するように置いていく。これでグルッと一周する枚数が6枚である。これは1円玉で試しても100円玉で試しても同じである。円周が同じ真円形は7つをもって円形を形成するとユダヤでは考えた。現実にそうである。それで1週間が7日。全ての生き物、全ての物質的なもののサイクルの最小単位が「7」であると考えた。ユダヤの男の子が最も重要な割礼の儀式を行なうのは8日目である。男の子が生まれて7日間は赤ん坊として完成する時期、その翌日の最も神聖な日に割礼を行い神と契約する。

人の寿命も7×10の70年。従って、そこで人間は一旦生まれ変わると考える。男の赤ちゃんは生まれて13年目にバー・ミツバ(成人式)を迎える。そこで83歳でも二度目のバー・ミツバを祝う。

| 石角完爾が読み説く“おもろい”ヘブライ聖書 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/168