profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 私の著書「ユダヤ式Why思考法」(日本能率協会マネジメントセンター)が6刷となりました。 | main | 世界で最も眺めの良いSynagogue >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
ユダヤ人の知的生産性はどこから来るのか。
学士会会報の2016年918の5月号54 Pageに内田樹という人が「ユダヤ的知性について」という小論文を載せています。
 
人種でも何でもないユダヤ人というたった1,500 万人にも満たない人口の集団が何故抜きん出た活発な知性を持ち、歴代Nobel賞の25%を輩出しているのか? その理由を子供、特に幼児が親から常に話しかけられていると遂にはその言葉をしゃべるようになるという大脳発育のBreakthroughの状態にユダヤ人は常に置かれているが故に稀に見る知性を持つに至ったという論説です。
 
AmericaのFRB議長を見てみると、ここ何代もユダヤ人が続いている。現在のJanet Yellen、その前のBen S. Bernanke、Alan Greenspan、その前のPaul Volcker
 
歴代のNobel賞の医学生理学賞、物理学賞の25%はユダヤ人である。全世界のユダヤ人人口は1,350万人、世界人口の0.2%にしか過ぎないこの集団がConstantに知的人材を輩出しているのは、統計学的には異常な現象である。
 
ある人はその理由をDNAに求めたり、ある人はユダヤ人の多言語環境、多文化環境が大脳の知的活動を活発にするということに理由を求めたり、ある人はユダヤ人が迫害されている民族だから土地に縛り付けられないもの、すなわち自分の腕一本、自分の頭一つで生きていけるものに特化したせいで医者や学者や弁護士が多いのだという理由に求めたりしている。
 
DNAに求めるのは間違い。ユダヤ人のDNAというものがある訳ではない。ユダヤ人は、黒人、黄色人種、中東系、Arab系、Africa系、白人など人種的にはバラバラだからだ。

ユダヤ人が世界に散らばった民族集団である為に、多言語環境、多文化環境に置かれたことは確かに知的刺激を子供の頃から大脳に与えたと言える。
 
また迫害されている為に身一つで逃げて行って新しい土地で生計を立てられるようにと知的なものに特化していったということもその理由の一つだろう。
 
しかし、何と言ってもユダヤ人の知的生産性を抜群のものにしているのはユダヤ教であろう。
 
ここで読者は何故ユダヤ教がそれを信じる者の知的能力を高めるのか、知的生産性を高めるのかについて考えてもらいたい。読者からの色々なご意見を期待している。
| - | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/956