profilephoto
Kanji Isaac Ishizumi
 
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「会社合併実務の手引」(新日本法規出版)
+BOOK
これならわかる実践M&A事典
「これならわかる実践M&A事典」(プレジデント社)
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ユダヤ人の成功物語をユダヤ人はどう読んでいるか? | main | A Jew who founded Hyatt >>

    Comments from a Rabbi in Jerusalem
    ジェルサレムのラバイからのコメント

  1. Introduction to Judaism
    ユダヤ教の初歩の初歩
  2. Difference between Judaism and other religions
    ユダヤ教と他宗教の違い
  3. Who Jews are?
    ユダヤ人とは?
  4. Jewish Religious Calendars and Annual Events : Jewish Ceremonies
    ユダヤ教の宗教カレンダーと年中行事・ユダヤ人の人生儀式
  5. Jewish Prayer
    ユダヤ教の祈り
  6. Kashrut
    ユダヤ教の食事戒律
  7. Jewish Laws (except Kashrut)
    ユダヤ教の戒律(食事戒律以外)
  8. What is the prohibition of idol worship that is the essence of Judaism?
    ユダヤ教の真髄である偶像崇拝の禁止とは
  9. Judaism and Circumcision
    ユダヤ教と割礼
  10. Judaism and Tzedakah (To help the poor)
    ユダヤ教とツェダカ(貧者救済)
  11. Concept of G-d in Judaism (Relationship between Jewish and G-d)
    ユダヤ教に於ける神の概念(ユダヤ人と神との関係)
  12. Interpreting Hebrew Bible by Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾が読み解く“おもろい”Hebrew Bible
  13. Jewish Daily Life, especialy Shabbat day
    ユダヤ人の日常生活 … 特に安息日について
  14. Jewish in the various cities and countries
    世界各地のユダヤ人
  15. Jewish Wisdom of  5000 years
    ユダヤ5000年の生活の知恵
  16. Judaism and Education
    ユダヤ教と科学・教育
  17. Judaism and Moral Law
    ユダヤ教と道徳・法
  18. Judaism and Medical Science
    ユダヤ教と医学
  19. Judaism and Money
    ユダヤ教とMoney
  20. Relationship between Men and Women in Judaism
    ユダヤ教と男女の関係
  21. Relationship between Human and Animal in Judaism
    ユダヤ教に於ける動物と人の関係
  22. Anti-Semitism
    反ユダヤ主義について
  23. Compariative study of Jewish and Japanese
    ユダヤ・日本 比較論
  24. Jewish view on Japanese Business and Business Culture 
    ユダヤ人から見た日本企業と日本の企業文化
  25. Jewish view on Japanese Education
    ユダヤ人から見た日本の教育の問題点
  26. Why and How Kanji Isaac Ishizumi converted to Judaism?
    何故、どのようにして(Why & How)石角完爾はユダヤ教徒になったか?
  27. Publication of Kanji Isaac Ishizumi
    石角完爾出版物紹介
  28. Comments from Blog readers
    ブログの読者からの反応
  29. Others
    その他
自分のものは自分のもの、人のものは人のものという考え方は何故ユダヤ的でないのか。

ユダヤ聖書の一つEthics of Fathers 第5章第10節 では次のように書く。
 
「世の中には4つのTypeの人々がいる。
 
一つ目のTypeは『私のものは貴方のもの、貴方のものは私のもの』というTypeである。
 
2番目のTypeは『私のものは私のもの、貴方のものは貴方のもの』というTypeである。
 
3番目のTypeは『私のものは貴方のもの、貴方のものは貴方のもの』というTypeである。
 
そして最後のTypeは『私のものは私のもの、貴方のものは私のもの』というTypeである。」
 
 
さて、Ethics of Fathers ではこのそれぞれの類型の人間について次のような評価をしている。
 
まず1番目のTypeの人間は、そもそも何故他人のものと自分のものとを交換しなければならないのか、そこが分かっていない。
 
「私のものは貴方のもの、貴方のものは私のもの」もし自分の持っているものが大したものではなくて、他人の持っているものがもの凄い高価なものだったら一体どういうことになるのか。これは考えただけでもおかしなことである。
従って、こういうことを言うのはそもそも無作法で礼儀知らずだというのである。
 
次に2番目の類型の人間は、他人のものは他人のものだ、それをくれなどと言わないし、交換しようなどとも言わない。その代わり自分のものは自分のものだと言うのであるから、しごく当たり前のことである。ごく普通の人ということになろうか。
 
次に3番目の類型は、自分のものまで人のものだ、人のものは人のものだと言うから、要するに自分というものがない。
 
自分のものが全くないという考え方だから、これは非常に宗教的で崇高で高邁な、そして信心深く敬虔な人である。しかし現実にはこのような人はなかなか存在しない。
 
そして最後の類型、「私のものは私のもの、お前のものは私のもの」と言うのだから、全て人のものも含めて自分で独り占めしようというTypeの人間だ。これは最も悪徳な欲深く、悪魔のようなTypeの人間である。
 
ただここで日本人の方には理解できないだろうが、Ethics of Fathers ではこの4つのTypeの人間の中で最も中庸の最も普通のごく当たり前だと形容されている「自分のものは自分のもの、人のものは人のもの」というTypeの人間だが、これはSodom人の性格だと言うのである。
 
Hebrew Bibleのことをご存知ない方に説明しておくと、Sodomというのは酒池肉林に明け暮れた異常な人々の集まる街で、神が怒りの炎で街中殲滅されたという町である。そのSodom人の性格だとEthics of Fathers は形容しているのである。
 
どうしてもごく当たり前の「人のものは人のもの、俺のものは俺のもの」が酒池肉林に溺れる異常性愛者のSodomの街の人間の特色だと言うのであろうか。
 
この「俺のものは俺のもの、人のものは人のもの」というまるで現代民主主義と現代の全ての国々の最も見本となるような憲法の規定であるにも拘わらず、ユダヤ教は何故これを何故Sodom的だと言うのか。
 
 
石角完爾のBlogの読者に答えてもらいたい。

| - | 22:59 | comments(1) | trackbacks(0) |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2017/05/10 2:55 PM |









http://www.kanjiishizumi.com/trackback/975